【少年野球】ボールの握り方

ポイントは、二等辺三角形

ボールの握り方を何度もご紹介していますが、学童野球や、少年野球の現場へ行くと、まだまだ握りがバラバラなことに気が付きます。

監督、コーチにも教わっているのに。

なぜだろうと考えましたが、いくつかの条件があるんじゃないかと。

・教えてもらったが、忘れている。

・やろうとしているが、ちがっている。

・そのつど、投げやすい方法で握っている。

・意識していない。

こんなところでしょうか?

よほど意識をして握る練習をしなければ、なかなか毎回同じようには握ることが出来ないのかもしれません。

ある程度、送球ができるようになれば、無意識にできているものなので、気にしないでしょうし。

基本は3本指で、二等辺三角形を作るイメージで握れば問題ないと思います。

 安定感のある配置

3本とは、人差し指、中指、親指です。

ポイントは、二等辺三角形。

人差し指と中指の真ん中の位置の真下に親指がくる。

こうすると、親指が頂点になる、二等辺三角形になります。

この配置を基本にしていれば間違いないと思います。

二等辺三角形でバランスよく握ると、力の配分も偏りがなく安定してボールを固定することが出来ます。

この安定感が投球や送球の安定感につながります。

リリースの瞬間、指に縫い目がかかるか?

握る方法は、二等辺三角形で良かったんですが、もう一つ意識するポイントがあります。

特に投球に影響する、指先をボールのどの部分に置くかということ。

これは、少年野球だけでなく、大学生でも結構バラバラな部分です。

人差し指と中指の第一関節から上、指先がしっかり縫い目かボールの山にかかるように意識しましょう。

当たり前のようですが、指先が縫い目にかかっていない選手が意外に多いことに驚きます。

チームの選手をもう一度チェックしてあげてください。

それだけで、ボールが今までよりも伸びるというケースがいままでもありました。

ただ、注意も必要です。

大人がソフトボールを持つのと同じ

注意というのは、手が小さいがために、二等辺三角形でボールを握れない小学生もいるということです。

小学生は、成長時期に個人差があるために、手が小さくてJ号球がソフトボールくらいの感覚になる選手もいます。

大人が、急にソフトボールを投げようとすると、3本の指でうまくボールを固定できなかった経験はないでしょうか?

そういう状況で野球をしている小学生がいますので、無理せず4本になってもいいので、投げられる握り方であればOKにしてください。

これもチームでチェックがいるポイントになると思います。

最終的に安全にいいボールが投げられるのであれば、少し基本の形からズレていても問題ありませんが、元になる握り方の理解は必要です。

けがの予防の観点からも、もう一度確認しておきましょう。

今回は、ボールの握り方でした。

 

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
過去、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
現在、京都先端科学大学硬式野球部のコーチをしながら、中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

小中学生を対象としたオンライン野球教室を開催します!

2021年オンライン野球教室開催!お子さんがライバルに差をつけるとっておきのバッティング上達法を直接指導します。4月16日(金)19:30スタート

テーマは「ジャストミートで遠くに飛ばせるバッティングを自宅で一緒に身に付けよう!」です。

少年野球指導のスペシャリストと一緒に練習して効率よく上達しませんか?

素振りができるスペースさえあれば、ご自宅から受講できます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧