menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

体重移動ですが、右投げの場合、右軸足に残した直角三角形の態勢から左足に体重を乗せていくわけですが、腰の回転につられて肩の回転が始まる。

 

この腰の回転を始めるのは、

①左足に乗せきってから回転するんですか?それとも

②右から左へ移動開始すると同時に腰を回転し始めるんですか?

 

どちらも私自身で試してみましたが、

①だと左膝が折れ曲がり過ぎて体重を支えられないです。

私が単に足腰弱いから①で支えられないんですかね?

 

②は油断すると左肩が一緒に回って開きが早くなります。

 

その時、左腕で肩の開きをググッ!と抑えるとうまく投げられます。

 

しかし①より肩の開きが早い気がします。

 

あと、遠投を同じように100m投げる子が二人いて、投手における球のスピードが違う現象ってありえますか?

 

普通に考えたら同じ速さの球を投げられても不思議ではない気がしますが。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 体重を乗せてから体を捻るのが私が狙うところです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

まず一つ目のご質問についてですが、

結論から言いますと①の踏み出した足に体重を乗せてから体を捻るのが私が狙うところです。

 

試していただいた通り、これを実行しようとすると踏み出した足、また軸足についても強くなければいけないということが理解できると思います。

 

DVDでご紹介させていただいている投球動作には3つの思いを込めております。

 

一つは投手としての技術を高めて頂きたいということ。

 

一つは体の動かした方の本質を知って頂きたいということ。

 

動作とはこういうものだということを知っていただき、自然体で持てる力を効率よく発揮させるコツを掴んでいただきたい、また他の守備や打撃や走塁でも自分で発想できる力をつけていただきたいという思いです。

 

そしてもう一つは、下半身を強くしなければいけない目的を知ることです。

 

投手は下半身が強くないといけないということは殆どの方がおっしゃられることです。

 

しかしなぜ下半身を強くしないといけないかというところまで説明してくれる指導者の方が多くないのも事実です。

 

体重移動の動作に取り組まれることで、下半身強化の必要性を感じしっかりと目的をもった練習やトレーニングをしていただきたいという強い思いを込めております。

 

同じトレーニングをするにしてもその目的が明確であるか不明確であるかで効果や結果に格段に差がつきます。

 

体重移動で下半身の強化の重要性を知り、トレーニングを行い、またその成果を体重移動で確認をすることができますし、体重移動をしっかりと行ったシャドーピッチングだけでもものすごく良い下半身のトレーニングにもなります。

 

DVDでの動作によって、さらに他の領域でも考え方を応用していただきたいと願っております。

⇒ http://www.1baseball-club.com/field_01/

 

少しきついですが、ぜひ継続して取り組んでいっていただきたいと思います。

関連記事

  1. 「もう立てない」というぐらいまで体を使いきれるか?

  2. ピッチングマシンになる方法

  3. 練習の工夫と努力で周りと差がつけられる

  4. 投球時の腕のしなりについて

  5. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法

  6. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る