【少年野球】2020年プロ野球開幕!

グングン上達する身体をつくる、プロテインの「正しい知識」

いよいよプロ野球が開幕!

やっとプロ野球が始まります。

本日6/19(金)は2020年日本プロ野球開幕戦!

今年は本来ならオリンピックのため、例年よりも開幕が早く3月20日予定でした。

3ヶ月遅れの開幕で、史上初の無観客開幕戦。

いったいどんな試合が見られるんでしょうか。

新しい野球の楽しみ方

しばらくの間、もしかしたら全試合が無観客になる可能性もある今年のプロ野球。

観客がいないということは、

・応援なし

・歓声なし

大学野球のコーチをしていまして、全国大会にも何度も帯同しています。

大学野球は東京ドームであっても、神宮でも常にこんな感じですので慣れていますが、プロ野球でこの状態は違和感しかないですね。

まるで昔のパリーグの球場。

スタンドには、数えられるほどの観客。

バレーボールや、キャッチボールしているカップルまでいた。

でも、確かに無観客ではなかった。

寂しい反面、野球の試合中、いつもは聞けない「音」が聞こえる楽しみがあります。

それは、

・キャッチャーの捕球音

・バットとボールが当たる、いわゆる「カキーン!!」つて音

・打球を捕る捕球音

・ベンチの声

・審判のコール

普段プロ野球では聞こえるはずのないサウンドが響くスタジアム。

今年だからこその新しい野球の楽しみ方。

無観客をきっかけに変化すること

この無観客試合が野球界にもたらすものってなんでしょう?

当たり前だった大声援がなくなった球場。

本当に大切なものは、失くして初めて気づく。

選手や関係者の方々が、本当にいま痛感しているのではないかと思います。

それは、いままで球場に足を運んできたファンにも同じことが言えますよね。

球場にさえ行けばライブで楽しめた野球が、画面越しにしか見れなくなった。

この両者の環境の変化が今後どんな影響を及ぼすのか?

注目したいと思います。

きっと今までよりいい方向にかわるんじゃないかと予想しています。

お互いの存在感に気がつく

野球の試合と観客。

2つが同じ場所に集うことで出来上がるエンターテインメント。

プロ野球はどちらが欠けても寂しいものになってしまう。

このお互いの気づきや意識が今後のプロ野球を変えてくれると信じたい。

新鮮な気持ちで迎える2020年のプロ野球開幕戦!

今年の注目は、大物ルーキーでも、スター選手でもない。

みんなの注目は、野球の試合自体。

さあ、大好きな野球の幕開けだ!

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

 

【今だけ】無料でコントロールが良くなる方法教えます!

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
マンツーマンの野球教室で小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
2011年~2021年、京都学園大学・京都先端科学大学硬式野球部コーチを歴任、リーグ優勝春秋通算10回・全日本大学選手権大会6回出場・明治神宮大会1回出場。
現在も学童野球から高校野球・社会人まで幅広く指導中!

関連記事一覧