【少年野球】クイックモーションのコツ

「クイックモーション」とは?

「クイックモーション」とは、ランナーの盗塁を阻止する目的で素早い動作で投球すること。

投手はランナーが出塁すると、セットポジションで投球します。

特に1塁走者に対しては、盗塁を牽制するためにセットポジションから素早い動きで投球することを要求されます。

その為、ランナー無しの時に比べて、小さく早い動きになるので、バランスが崩れやすくコントロールが乱れる投手も出てきます。

逆にコンパクトで無駄な動きがなくなり、クイックモーションの方がコントロールや球威が良くなるケースもあります。

 

「クイックモーション」を安定させるには

「クイックモーション」のポイントは、

・早い動き

・スピードとコントロールを極力落とさない

この2点です。

いくら早く動いてもボールのスピードや球威が落ちては、打者に有利になります。

そして、コントロールが乱れて、四球でランナーを出してしまっては、盗塁を許すよりピンチになってしまします。

そこで、今回おすすめする動作は、安定して速く動けるコツです。

意識するのは、プレートを踏む軸足です。

さらにこの軸足の裏を意識して強く真下へ踏み込むだけ。

キャッチャー方向に押し出すのではありません。

真下に力強く、杭を打つかのように踏み込みます。

杭ですから、出来るだけ短時間で、出来るだけ強く。

真下に力をかけることで、自然に軸足へのタメと、

真下に力をかけると、自然に前方へと押し出してくれるんです。

それを、短時間で行うことで、素早いクイックモーションができます。

前後左右、特に左右の動きは抑えることが出来ますし、

軸足に力を瞬間的にタメることが出来るので、頭が突っ込んでしまうことも少ない。

結果、安定したコントロールとスピードを発揮できるのです。

 

「クイックモーション」まとめ

今回ご紹介したのは、1つのコツです。

ステップする足を使うコツもありますし、グラブを使うコツもあります。

自分にとって、どの動作が一番早く、かつ安定したボールが投げられるかを探ってみてください。

今回は、「クイックモーション」のコツでした。

人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
過去、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
現在、京都先端科学大学硬式野球部のコーチをしながら、中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧