menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
  4. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
  5. 【武術的身体操作の基礎 胸】
  6. 【ウケウリ】コントロールを劇的に改善する方法
  7. 【プレーの結果をほめるのは危険です】
  8. 【前向きになるシンプルな方法】
  9. 【ヒット量産する方法】
  10. 【それでもチャレンジしますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

【ヒット量産する方法】

こんばんは!
お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球ソフトボール瞬達塾の
川端健太です!

先日、電車の中で
スイングについて考えていたら、
左足(右バッターの場合)に
力を入れると腕に力が入らない
ことがわかりました!

人間の体って不思議ですね。

詳しいことは、
また機会がありましたら
紹介しますね!

今日は、
ヒット量産する方法を
紹介します!

これは、単純に
ヒットを打つ練習を
するだけです。

単純でしょ?(笑)

ヒットを打つ練習をするから
試合で狙って打てる。

でも、練習で
あらゆるヒットを
打つ練習してる選手って、
ほんの一握りです。

ミートしたら、
いいバッティング、
遠くまで飛んだら、
いいバッティングくらいの
判断しかしてない選手が、
ほんとに多いです。

いくら、
芯で打って良い当たりをしても
野手に取られたらアウトです。

だから、私は、
当たりが良ければ
良いバッティングとは
思えません。

テニスにたとえると、
相手の正面に
速いボールばかり打つ
練習してる選手は
試合で勝てませんよね?

そんな練習してる
テニスの選手いないけど、
野球だとたくさんいます(^-^;

バッティングの目的は、
塁に出ること。

その目的を
達成するための要素が、
フォアボールかヒット
、ホームランを打つこと。

それならば、
そのための練習をした方が
いいと思いませんか?

ヒットを打つ練習は、
実際に9人守備につけて
バッティングするか、

ヒットになるところを
イメージして狙って打っていくか、

どちらかをしてみてください。

今日も最後まで
お読み頂き
ありがとうございます!

教え子さんやお子さんが
ヒット量産できますように!!

ヒット量産のヒント教材は
こちら↓

https://rs39.net/c/bb/cbwk_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 小学生と中学生以上の「教え方の違い」とは?

  2. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】

  3. 投球時の左手の使い方(右投手の場合)

  4. 肘の上げる意識の切り替え

  5. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。

  6. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。「俺」。突然、小学一年生の息子が「俺」と言い…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【上達の絶対条件】
  2. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  3. 【体の使い方の基本 足】
ページ上部へ戻る