menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

クロスしてしまう足を修正する方法とは?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

子供が投手してます。

 

私はチームのコーチしてますが、仕事が忙しく一ヶ月子供に教える事ができず、ホームがおかしくなって、踏み足がクロスしてます。

 

何度も指導して教えていますが、子供が意地をはって治そうとしません。

 

どうしたら良いでしょうか?

 

ちなみにクロスが癖になる前は、ちゃんとキャッチャーに足は向いていてコントロールも、まあまあ良かったです。

 

アドバイスよろしくお願いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ クロスしてしまう足を修正する方法とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

何事も修正をしていくためには本人がいつも以上にその部分を意識しなければいけません。

 

クロスしてしまう足を修正していくことも例外ではありません。

 

ちょっと気になるのが「意地をはって治そうとしません。」というところですが、その意地をはった理由も宜しければ教えて頂けると幸いです。

 

意地っ張りは投手向きの性格でもあったりします。

 

意地を張るということはご本人もその部分は気にしているという裏返しでもありますから、少し気長に付きあってあげて下さい。

 

さて、修正方法ですが、上記の状況を踏まえたうえでわりと自然に修正をしていく方法としては、右投手の場合、プレートの左端(一塁側)いっぱいに軸足をおき、右打者のアウトコース、それもボールとなる球を投げさせてあげて下さい。

 

クロスになる原因の多くは、体を(セカンド側に)捻って投げようとした(意識した)時に踏み出し足もセカンド方向に引っ張られる分、着地がクロス側になってしまうことにあります。

 

ですから、プレートの左端(一塁側)いっぱいに軸足をおき、右打者のアウトコース、それもボールとなる球を投げさせてあげることによって、意識をオープン方向へもっていくことにより徐々に修正をします。

 

ただし、ご本人の意識の持ち方もとても重要ですので、徐々に気持ちをほぐしてあげながら(褒めてあげることがいいかもしれませんね)練習をしていってあげて下さい。

 

コチラの映像でプレートの使い方についても随所で解説しています。

関連記事

  1. 軸足のひざが落ちてしまう原因

  2. 一塁ランナーを見難い時の対応

  3. バッティング投手をする時に意識して頂きたいこと

  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

  5. 投げるときの踏み出し足の動き

  6. 内角、外角の投げ分け

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る