menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください

こんにちは!
お父さんのための野球教室の桜井です。

コントロール良く投げるために、
「このポイントでボールを放せ」
“リリースポイント”を教える人がいます。

でも、もしそんな指導者がいたら
全力で止めてください。

投球フォームが崩れて
腕は振れなくなり、
コントロール不能になります。

リリースポイントとは、一般的に
ボールが指先から離れるポイントや
その瞬間を指します。

で、あるポイントで上手くボールを
放せばコントロール良く投げられる、

というのがリリースポイント信者の考え方。

たしかに、ボールが指先から
離れる瞬間はある。

でも、思い切り腕を振りながら、
ボールをあるポイントまで持っていき、
タイミングよく指先から放す、

なんてことは、人間業で狙って
できるわけありません。

コントロールとは、つまりこうです。

想像してくださいね。

あなたがマウンドに立って、
一塁と三塁へボールを投げるとします。

一塁へ投げる場合は
一塁方向へ踏み出し、

三塁へ投げる場合は
三塁方向へ踏み出しますよね。

投げたい方向へ足を踏み出す。
当たり前ですよね。

一塁に踏み出しているのに、
リリースポイントを変えて
三塁に投げようとは思わないでしょう?

それが答え。

つまり、コントロールは
踏み出す足が鍵なのです。

なのにアウトコースに投げたいから、
リリースポイントを左にして、

インコースに投げたいから
リリースポイントを右にして、

というように、リリースポイント変えるから
引っ掛けたり、すっぽ抜けたりする。

だから、重要なのは
リリースポイントではなく、
どの方向へ足を踏み出すか。

もう少し具体的に言うと、
投げたい方向に体重を乗せることが
ボールコントロール最大のポイント。

つまり体重移動こそ、
コントロールの本質なのです。

体重移動はスピードを出すのに
必要と思われがちですが、
コントロールに大きな影響があります。

だから、コントロールが乱れた時に
やらなくてはいけないことは、
リリースポイントではありません。

下半身の動きをチェックして修正する。
すると大抵はコントロールが安定します。

もちろん肘の使い方など
細かなチェックポイントもあります。

でも上半身の動きは下半身の動きが
影響するので自然に改善されてくる
ケースがほとんどです。

それでも腕の動きに問題があれば、
そこで微調整をします。

だから、まずコントロールを良くするためには、
下半身の動きからチェックしてみてください。

少し、宣伝になってしまいますが、
実は、この度新しくDVDを製作しました。

以前のDVDの映像規格が
現在の規格でないことも、
製作理由のひとつですが、

これまで皆さんから色んな
気づきをいただきました。

その中で、投げることにおいて
行き詰まりやすい点を再整理し、
わかりやすくお伝えしたかった

というのがDVDをリニューアル
した最大の理由です。

その第一弾として今回公開したのが、
スローイング。

コントロールに焦点を当てて、
胸に投げられるようになるスローイング
を体得するプロセスを解説します。

さきほどお伝えした「体重移動のもと」
になる動作も解説します。

なので、野手も投手もコントロールや
スピードアップに役立てていただける内容です。

具体的な方法についてはコチラ↓
https://rs39.net/c/bb/cbsh_1/bl/

関連記事

  1. ピッチングで肘が下がる

  2. 投げる動作を知るための練習方法とは?

  3. ピッチングマシンになる方法

  4. 投球フォーム作りの最終的な狙いとは?

  5. キャッチボールの段階的練習メニュー

  6. 球速にこだわる投手が選ぶピッチングフォーム ヒップファーストのメ…

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る