menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

「体重移動」を効率的に体得する方法

こんばんは!
お父さんのための野球教室の桜井です。

ここ2、3日気温も上がって、
いよいよ野球シーズンという感じ。

ピッチングも試合に向けて、
調整や修正の段階ですよね。

そんな中で、こんなメールの
やり取りが役に立つかもしれません。

【ご質問の内容】

はじめまして。
私には少年野球をしている小学
3年生の男の子がいます。

親子でDVDを
拝見させていただきました。

非常に参考になりました。

早速、質問ですが、子供の投球
フォームで、タメが上手く出来ません。

後ろに体重が残ったまま投げています。

初心者の女の子が投げるような、
後ろに体重が残ったまま投げています。

何度 DVDを参考にして子供に
アドバイスしていますが、
なかなか上手くいきません。

何か良い方法はありますか?
アドバイスよろしくお願いします

━━━━━━━━━━━━
■回答内容
━━━━━━━━━━━━

体重移動がうまくいかない時の
確認ポイントと改善方法を2つ。

■踏み出す時、両肩ラインの傾きをみる

体重移動を軸足に体重が残って
しまう要因の一つが「肩の下がり」。

利き腕の肩が下がると、上半身が
セカンド方向に傾むいてしまって、
軸足に体重が残りやすくなります。

そのメカニズムはこうです。

利き腕の肩が下がった状態で足を
踏み出すと、上半身が傾いたまま
では投げにくい。

だから両肩が水平になるように
上半身を起こす必要が生じます。

そのため体重移動(下半身の
スライド動作)よりも
上半身を起こす作業が優先されます。

すると、上半身を起こしたときには
腕を振るタイミングが来てしまう。

だから体重移動ができないまま
腕を振らなくてはいけない。

つまり軸足に体重が残るというわけです。

肩が極端に下がっている場合もあれば、
少し下がっているという場合もありますが、

踏み出し始めたときの両肩のライン
の傾きをチェックしてみてください。

で、そこで肩が傾いている場合の
改善方法がこれ。

■改善1「両肩ラインを水平にして踏み出す」

足を上げた時点では、
両肩のラインは水平になっていると
思います。

後はそのまま踏み出すだけ。

上半身をセカンド方向に傾けると、
軸足に体重は乗っているように
思えますが、

実は十分に体重が乗っていない。

その証拠に、
足の裏には、地面を押している
強い感覚がないはずです。

踏み出すときに「軸足の裏で地面
を押している」という感覚を得られれば、

軸足に体重が乗っている
ということになります。

で、その感覚を得るために、
両肩のラインを水平にする。

そうすれば、踏み出した後に
上半身を起こす必要がないので、
体重移動をしやすくなります。

■改善2「動作を2つに分けて練習する」

体重移動が一連の動作で
上手くいかない場合、

「足を上げて踏み出すまでの動作」と
「体重移動からリリースまでの動作」の

2つの動作に分けると体得しやすいです。

自宅でのシャドーピッチングや
キャッチボールをするときに、
踏み出したときに動作を止めてみる。

で、その後に体重移動をして
上半身を捻ってリリースする。

2つの動作に分けて3球ほど投げて、
その後一連の動作で1球投げる。

というアプローチで体重移動に体を
慣れさせてあげる。

そして一連の動作では、
2つの動作のつなぎの部分に
集中する。

そうやって意識する動作を分けて
あげることで体重移動のマスターが
効率的になります。

関連記事

  1. 投球時の左手の使い方(右投手の場合)

  2. ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

  3. ピッチングの球数も計画的に

  4. 投げる動作を知るための練習方法とは?

  5. キャッチボールをミスなく続けるコツとは?

  6. オーバースローとスリークォーターの怪我のリスク

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る