ボールに指がかかっている感覚

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

私の息子も現在中学1年生と小学校4年生で二人とも熱心に野球に取り組んでおり、とても参考になっております。

 

本当にありがとうございます。

 

特に長男は小学校6年生から、こちらのDVDやメールを参考にしてピッチングフォームが見違えるほど、改善されたと思っています。

 

中学の野球部に入ってもピッチャー志望で頑張っていますが、あるとき、コーチに「ボールにもっと指がかかるようになれば、もっと速くてキレのあるボールを投げられるよ」と教えてもらったそうです。

 

現在はまだ中学1年生なので、ランニングや基礎的な練習で体作りの時期かなと考えていますが、同時並行して「ボールに指がかかる」練習があれば取り入れたいとも思っていますが、如何でしょうか。

 

何か良い練習方法や取り組み方法があれば、教えて頂けますでしょうか。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ボールに指がかかっている感覚
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ボールに指がかかっている感覚というのは非常に大事なことですね。

 

私もこの感覚というものをとても重要なものとして位置づけ、常にこの感覚が得られるように意識してきました。

 

ここでポイントになってくるのが、本人が指にボールがかかる感覚というものは、どういう感覚であるのかということを知る必要がありますが、どうしても感覚であるため、周りからは教えにくい領域ではあります。

 

ですから、投げていく中で本人がその感覚をつかんでいくしか方法はありません。

 

しかし、この感覚を知ることはそう難しくはありません。

 

浮き上がっていくようなボールの軌道に見えたり、力を加えることができたというように、投げていく中で「これは!!」と思える感覚は必ず得ています。

 

大切なことは、その感覚を得る頻度を上げていくことです。

 

そして、その頻度を上げていくためには、一球一球に対して「考えて投げる」こと、そして反省をしていくということを繰り返すことが大切です。

 

ただ投げるだけでは、何が良くて今の指にかかる感覚が得られたのか、何が悪くて抜けてしまったのかが見えなくなります。

 

一球一球、「こうしてみよう」という試験的発想をもつことにより、指にかかる感覚を得るための動作やイメージを必ずつかめるようになってきます。

 

私の場合、指にかかる感覚を得るために重要なポイントになっていたのが、ボールへの力の与え方でした。

 

DVDの中でもご説明をさせて頂いた内容ですが、まずはボールの上から力を与えること、つまりボールを上から叩きつけるイメージを持つことで指にボールがかかる感覚を得る頻度が高まりました。

 

そして、そこからステップアップし、地面から20~30cmの高さのホームベースまでの一直線のラインをイメージして、まずはその高さにボールを叩きつけて、ボールに強い回転を与え、その回転によって20~30cmの高さからボールを浮き上がらせるイメージでボールを投げました。

 

私はピッチングフォームと同じくらい、このイメージと意識がボールに対してものすごく影響を与えるものだと考えています。

 

とくにこの感覚という部分に踏み込んで取り組んでいこうとする場合は、特にこのイメージというものが非常に重要になってくると考えています。

 

現在フォームも良くなってきておられるということでありますので、一度このイメージを使って指先にかかる感覚を習得していって頂ければと思います。

 

ボールを上から叩きつけるイメージについてはコチラのリリースポイントについての解説で詳しく解説をしています。

⇒  http://rs39.net/c/bb/cbsh_5/bl/


お父さんのための野球教室LINE公式アカウント開始記念

お父さんのための野球教室公式LINEアカウントと友達になるだけでDVDが半額で手に入ります!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、お父さんのための野球教室で使えるクーポンをプレゼント! すべての野球DVD教材おひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧