menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

軟式ボールから硬式ボールへの対応

【質問】

 

質問です。中学総体もおわり、硬式になれようとしているところです。

 

今までは縦の大きく落ちるスライダー(手首を立てて投げる)とカーブ(縦の回転を与えて落とす)を投げていたのですが、スライダーはすっぽ抜け、カーブはストライが・・・。

 

どうしたらよいでしょう?お願いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 軟式ボールから硬式ボールへの対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

まず軟式から硬式へ変わる過渡期であり、その感覚も変わるということを認識する必要があります。

 

今まで積み上げてきた感覚やイメージをゼロになるということではありません。

 

ただ、硬式のボールに対する新たな感覚とイメージを作り出し、軟式のボールで作ってきたものとうまく融合させる必要があります。

 

具体的に言いますと、今の時期は硬式ボールに強い回転を与えるということ、つまり強い回転のあるストレートを身につけていくことを重点に投球に取り組んで下さい。

 

硬式ボールに対し強いどのようにしたら強い回転を与えられる感覚やイメージを持つことが出来れば変化球は今までの積み上げてきた技術にその感覚やイメージを付け加えてあげれば、自ずと硬式ボールに対応した変化球の技術が徐々についてきます。

 

ですから、今はまず焦らず硬式ボールで強く投げるためにフォームの見直し、ストレートの回転とスピードのステップアップに取り組み、その中で時々変化球も投げながら、全体の技術の底上げを行っていただきたいと考えます。

 

変化球の投げ方、新しい球種への取り組みは今すぐ、こちらをご覧ください。
http://rs39.net/c/bb/cbsh_4/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法

  2. 力のロスと動きの制限について

  3. 川村卓(かわむらたかし)

    小学生のうちにやっておくべきこと

  4. 投手の体格

  5. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。

  6. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る