menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  4. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  5. コントロールが良くなる「3ステップ」
  6. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  7. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  8. スピードが先か?コントロールが先か?
  9. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  10. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

軟式ボールから硬式ボールへの対応

【質問】

 

質問です。中学総体もおわり、硬式になれようとしているところです。

 

今までは縦の大きく落ちるスライダー(手首を立てて投げる)とカーブ(縦の回転を与えて落とす)を投げていたのですが、スライダーはすっぽ抜け、カーブはストライが・・・。

 

どうしたらよいでしょう?お願いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 軟式ボールから硬式ボールへの対応
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

まず軟式から硬式へ変わる過渡期であり、その感覚も変わるということを認識する必要があります。

 

今まで積み上げてきた感覚やイメージをゼロになるということではありません。

 

ただ、硬式のボールに対する新たな感覚とイメージを作り出し、軟式のボールで作ってきたものとうまく融合させる必要があります。

 

具体的に言いますと、今の時期は硬式ボールに強い回転を与えるということ、つまり強い回転のあるストレートを身につけていくことを重点に投球に取り組んで下さい。

 

硬式ボールに対し強いどのようにしたら強い回転を与えられる感覚やイメージを持つことが出来れば変化球は今までの積み上げてきた技術にその感覚やイメージを付け加えてあげれば、自ずと硬式ボールに対応した変化球の技術が徐々についてきます。

 

ですから、今はまず焦らず硬式ボールで強く投げるためにフォームの見直し、ストレートの回転とスピードのステップアップに取り組み、その中で時々変化球も投げながら、全体の技術の底上げを行っていただきたいと考えます。

 

変化球の投げ方、新しい球種への取り組みは今すぐ、こちらをご覧ください。
http://rs39.net/c/bb/cbsh_4/bl/

関連記事

  1. 体を大きく使う感覚を身につける

  2. 投手の体格

  3. 正確な「送球」するための3つのポイント

  4. 疲れからか腕が下がった時の対処法とは?

  5. 楽しく感じられない時に怪我のリスクは非常に高まります。

  6. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。「あれ?どっちだっけ?」恥ずかしい話…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
ページ上部へ戻る