menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  4. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  5. コントロールが良くなる「3ステップ」
  6. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  7. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  8. スピードが先か?コントロールが先か?
  9. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  10. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?

■ご質問内容

ピッチング指導で聞きたいのですが、
小学3年生 投球時にボールが抜けてしまうような感じです。
守備送球時にも抜けるような感じです。
何か良い改善方法はありますか?


■回答

ボールが抜けてしまう原因としては
大きく2つの原因が考えられます。


1つ目は、右投げであれば
踏み出した左足のつま先が、

投げたい相手(目標)よりも
左側に向き、開いてしまっていることが考えられます。


踏み出し足が目標よりも開いてしまうと
上半身も左側に開きやすくなり、

最終的に腕を振り切ることができず、
右投げれあれば目標よりも
右側にボールが抜けやすくなります。


この場合、ボールが抜けることを改善するには
大元の原因である、踏み出し足の開きを改善することが
重要になってきます。


改善方法はシンプルです。


踏み出し足のつま先を
投げたい方向(目標)に対して、

まっすぐ向けることだけを
お子さんに意識するよう伝えてあげてください。


もし、言葉で伝えても開きが改善されない場合は
投げたい方向(目標)に対してまっすぐなラインを
引いてあげると、より意識しやすいと思います。


次に2つ目の原因としては、
小学生3年生ということですので、

まだ手が小さく、ボールを
きっちりと握ることができていないことも考えられます。


通常、ボールの正しい握り方としては、
親指・人差し指、中指・薬指の
4本の指がボールに触れた状態で握りますが、

手が小さいと上記の握り方では
安定した状態でボールを握ることができません。


大人でもソフトボールを
野球の通常の握り方をして投げろと言われたら、

安定感がなく、ボールが抜けやすくなるのは
容易にイメージできると思います。


手が小さい子は、
それと同じ状態なわけですね。


ですので、手がまだ小さくて
通常の握り方だと不安定な握りになっている場合は、

中指の横に薬指を添え、
小指もボールに触れている状態で
ボールを握り、投げさせてみてください。


そうすることで握っている間もボールが安定し、
ボールが抜けることも少なくなると思います。


1.踏み出し足が開いていないか?

2.ボールを握ったときに不安定になっていないか?


まずは、この2点を
チェックしてあげてみてください。

http://www.mlritz.com/link/113/1/30/1/
 

 

関連記事

  1. 投手交代の考え方について

  2. ポジションに応じた体の使い方

  3. ボールが縦回転する投球フォーム

  4. 二塁方向に一度キック動作する投球フォームについて

  5. バッティング投手をする時に意識して頂きたいこと

  6. 一塁ランナーを見難い時の対応

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。「あれ?どっちだっけ?」恥ずかしい話…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
ページ上部へ戻る