menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
  2. 小学生の「タイミングのとり方」について
  3. 幼少期の野球指導について
  4. バック走と球速アップの関係性
  5. 剛速球投手育成法
  6. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  7. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  8. 正しくボールを投げる練習法
  9. 落合流 バッティング理論
  10. 画期的な練習法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

“クイック“という言葉に惑わされてはいけません。

以前、教材購入者の方からこのような質問をいただきました。


【質問】

試合の事も考えて、少しずつクイックや、牽制の練習もしていますが、特にクイックに関しては、少年野球関連の本を見ても 詳しく書いてある物が見当たらず、息子とプロ野球選手のスロー映像を見ながら色々と試していますが、正しいやり方が よく分かりません。

クイックを取り扱っている本がなかなか無いという事は、何かしらの理由で、子供には向かないとか、子供の体に 何か良く無い事があるのでしょうか?

また、子供でも できるような、また、子供にも向いているようなクイックの方向はあるのでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ クイックモーションについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クイックモーションについて詳しく書いた本がないということは私も感じています。(感覚でやっているので)

きちんと解説できないということもあるかもしれません。

クイックで気をつけなければいけないことは、急がないということです。

“クイック“という言葉に惑わされないことが大切です。

クイックモーションとは「足を高く上げる動作を行わず投げる力を作るモーション」です。

通常であれば足を高く上げることで、軸足に体重が乗ります。

これが投げる力になり、体重移動によって上半身と腕に力を伝えていきます。

クイックの場合、足を高く上げません。

そのため、投げる力が充分でないのでボールに力がなくなってしまう投手がたくさんいます。

基本の形を説明します。

1. 両足を付けて、気を付けの姿勢をします

2. 踏み出す足を地面から5cm 程あげます

3. 軸足で体重を支えます(体重を感じること)

4. 踏み出す足の膝を軸足の内側に当てます
(このとき上半身が回らないように気を付けます)

基本はこの形です。


セットポジションで足をひろげた状態から上の?の状態を作り、後はいつも通り投げればOKです。


ポイントは、踏み出す足を高く上げなくても、軸足にきちんと体重が乗っていることを感じることです。


クイックについてはコチラで詳しく解説しています。
⇒  http://www.1baseball-club.com/field_02/

関連記事

  1. 2ストライク0ボールという状況

  2. オーバースローとスリークォーターの怪我のリスク

  3. キャッチボールの段階的練習メニュー

  4. スローボールの使い方はふたつある

  5. 遠投等の練習時にケンケンして投げることは意味があるの?

  6. 無理に歩幅を大きくすることの2つのデメリット

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. バッティングについて 下記のような質問をいただきました。 -----…
  2. お客様から以下のようなご質問いただきました。 ------------- …
  3. お客様から以下のようなご質問いただきました。 -------------…

おすすめ記事

  1. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
  2. 小学生の「タイミングのとり方」について
  3. 幼少期の野球指導について
ページ上部へ戻る