menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  2. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  3. 正しくボールを投げる練習法
  4. 落合流 バッティング理論
  5. 画期的な練習法
  6. いまどきの野球少年に適した指導法
  7. この状況、もし私ならどうするか?と考えました。
  8. 自分の動きを見直し無駄をなくす
  9. 試合から課題を見つけ、その課題を克服する
  10. 力のロスと動きの制限について
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

正しくボールを投げる練習法

今回は、「正しくボールを投げる練習法」をご紹介します。
 
癖が付かなく、肘が下がらないように、また、後日コントロールが付いていくような、段階を踏んで正しくボールを投げるための良い練習方法・・・
 
これをすればOKという事ではありませんが有効な練習方法はあります。
 
それは、外野からのバックホーム練習です。
 
山なりはNGです。
 
ゴロでもいいのでボールを浮かせないように。
 
目標はワンバウンドもしくはノーバウンドでライナーのストライクですよね。
 
狙いとしては、自然に大きなフォームで投げさせる事。
 
また、ボールを浮かせないようにするには
 
上からボール地面に叩きつけないといけません。
 
もし可能であるならチームを2塁ランナー組と外野組の2つに分けてゲーム感覚で行うのも有効です。
 
初めて野球をする子どもならノックではなく、近くからゴロを転がしてあげるのも良いでしょう。
 
ボールを浮かさずに投げるには上からボールを叩き回転を強く与えることを自然に覚えさせてくれるのがこの練習です。
 
社会人時代でも投手のフォーム調整にはこの練習を用いていました。
 
ぜひ、チーム練習で取り入れてみてください。
 
投球フォームについてはコチラで詳しく解説しています。
⇒  http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. マウンドの高低によるピッチングのバラツキへの対応

  2. 投げる動作は肩だけで行うわけではありません。

  3. 頭でイメージした動きに実際の動きを近づける

  4. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。

  5. ボールに指がかかっている感覚

  6. 大会前1週間の調整パターンとは?

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 以前、教材購入者の方からこのような質問をいただきました。 【質問】…
  2. 今回は、「ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法」をご紹介します。…
  3. 今回は、「正しくボールを投げる練習法」をご紹介します。癖が付かなく、肘が下がらな…

おすすめ記事

  1. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
  2. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法
  3. 正しくボールを投げる練習法
ページ上部へ戻る