menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

正しくボールを投げる練習法

今回は、「正しくボールを投げる練習法」をご紹介します。
 
癖が付かなく、肘が下がらないように、また、後日コントロールが付いていくような、段階を踏んで正しくボールを投げるための良い練習方法・・・
 
これをすればOKという事ではありませんが有効な練習方法はあります。
 
それは、外野からのバックホーム練習です。
 
山なりはNGです。
 
ゴロでもいいのでボールを浮かせないように。
 
目標はワンバウンドもしくはノーバウンドでライナーのストライクですよね。
 
狙いとしては、自然に大きなフォームで投げさせる事。
 
また、ボールを浮かせないようにするには
 
上からボール地面に叩きつけないといけません。
 
もし可能であるならチームを2塁ランナー組と外野組の2つに分けてゲーム感覚で行うのも有効です。
 
初めて野球をする子どもならノックではなく、近くからゴロを転がしてあげるのも良いでしょう。
 
ボールを浮かさずに投げるには上からボールを叩き回転を強く与えることを自然に覚えさせてくれるのがこの練習です。
 
社会人時代でも投手のフォーム調整にはこの練習を用いていました。
 
ぜひ、チーム練習で取り入れてみてください。
 
投球フォームについてはコチラで詳しく解説しています。
⇒  http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. 投球時の左手の使い方(右投手の場合)

  2. スライダー回転する場合の修正

  3. カーブ回転の修正方法

  4. キャッチボールの段階的練習メニュー

  5. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?

  6. 監督及びコーチから、 投球フォームを直すように言われたら…

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る