menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  2. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  3. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  4. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  5. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
  6. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…
  7. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
  8. 小学生の「タイミングのとり方」について
  9. 幼少期の野球指導について
  10. バック走と球速アップの関係性
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

正しくボールを投げる練習法

今回は、「正しくボールを投げる練習法」をご紹介します。
 
癖が付かなく、肘が下がらないように、また、後日コントロールが付いていくような、段階を踏んで正しくボールを投げるための良い練習方法・・・
 
これをすればOKという事ではありませんが有効な練習方法はあります。
 
それは、外野からのバックホーム練習です。
 
山なりはNGです。
 
ゴロでもいいのでボールを浮かせないように。
 
目標はワンバウンドもしくはノーバウンドでライナーのストライクですよね。
 
狙いとしては、自然に大きなフォームで投げさせる事。
 
また、ボールを浮かせないようにするには
 
上からボール地面に叩きつけないといけません。
 
もし可能であるならチームを2塁ランナー組と外野組の2つに分けてゲーム感覚で行うのも有効です。
 
初めて野球をする子どもならノックではなく、近くからゴロを転がしてあげるのも良いでしょう。
 
ボールを浮かさずに投げるには上からボールを叩き回転を強く与えることを自然に覚えさせてくれるのがこの練習です。
 
社会人時代でも投手のフォーム調整にはこの練習を用いていました。
 
ぜひ、チーム練習で取り入れてみてください。
 
投球フォームについてはコチラで詳しく解説しています。
⇒  http://www.1baseball-club.com/field_01/

関連記事

  1. 毎日投げるなら適度な球数とは?

  2. 軸足のひざが落ちてしまう原因

  3. 力のロスと動きの制限について

  4. バッティング投手をする時に意識して頂きたいこと

  5. ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

  6. コントロールが定まらない原因

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. バットの選び方について 下記のようなご質問をいただきました。 ---…
  2. バッティングのスイング軌道について 下記のような質問をいただきました。 …
  3. 最近の高校球児は、当たり前のように 140キロを出せるピッチャーがたくさんいます。…

おすすめ記事

  1. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  2. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  3. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
ページ上部へ戻る