• 動画
  • 動画の紹介ページ

体幹の力

今、当たり前のように取り入れられている体幹トレーニング。でも、その「体幹の力」を野球でフル活用できていますか?

FROM

 株式会社リアルスタイル お父さんのための野球教室事務局より

 

ab

 

先日、お伝えしたクイズ。

 

 

「タメ」と「カベ」が作れる構えと作りづらい構えは

AとBのどちらなのか?

 

 

全体的な形だけを見ると、

 

 

「Aの構えの方は、骨盤が前傾し、胸を張っていて姿勢も良い」

 

 

逆にBの構えの方は、

 

 

「背中に丸みがあり、少し猫背気味な姿勢なので

あまり良い構えには見えない」

 

 

という印象を持たれた方も

おそらくたくさんいらっしゃると思います。

 

 

しかし、このクイズの答えは、

Bの構え】です。

 

 

「タメ」と「カベ」を作るためのポイントは形ではなく、

 

 

【体幹の力】を使うことができているかどうかです。

 

 

現代では、各スポーツの競技力向上につながる、

「体幹トレーニング」が野球でも当たり前のように取り入れられています。

 

 

この体幹トレーニングを否定するつもりは全くありません。

 

 

むしろ、プロ野球選手も含め、サッカー、テニス、ゴルフなどの

各スポーツのトッププロが取り入れて結果を出しているわけですから

取り入れるべきだと思います。

 

 

ですが、「体幹を鍛える=バッティングが良くなる」というわけでもありません。

 

 

『大事なのは、体幹の力をバッティングに活かせる体の使い方を覚えること。

パワーライン理論を元に、その体の使い方さえマスターすれば

「タメ」と「カベ」は自然に作れる』

 

 

と松尾さんは、おっしゃいます。

 

 

では、「タメ」と「カベ」を作るために必要な

パワーライン理論とはどんな理論なのか?

 

 

また、なぜ、AではなくBの構えが

「タメ」と「カベ」を作れる構えなのか?

 

 

コチラの解説動画をご覧ください↓

POWER LINE パワーライン打法

LINE友達登録でバッティング教材が半額!

お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 新規友だち登録キャンペーンを開催中です!

ただいま、新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のバッティングDVD 「和田一浩が教えるバッティング指導の極意~基本編~」を半額で手に入れることができます!

友だち追加

関連記事一覧