menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【注意】スムーズな体重移動を妨げる「2つの教え方」

【注意】スムーズな体重移動を妨げる「2つの教え方」とは?  


 

佐竹政和(さたけまさかず)

佐竹政和(さたけまさかず) 元日本生命監督 / 元全日本監督 元NHK野球解説者 関西大学時代、野球部主将としてチームを春秋連続優勝に導く。 その後、日本生命野球部にて、プレーヤーとして16年間活躍。うち6年間は監督兼プレーヤーとして活躍し、都市対抗初優勝などの輝かしい実績を残す。また、全日本の監督としてアジア大会で準優勝。 さらに、全国で唯一甲子園8強入りできていなかった山形県勢を優れた指導手腕でベスト8に導く。 現役引退後、日本野球連盟技術指導員、同連盟の評議員を務め、中国、タイ、インドのナショナルチームの指導を行う。 昭和61年からは、NHKの野球解説者としても活躍。現在は、少年野球を中心に指導し、野球界全体の発展に大きく貢献している。

 


  「残念ながら指導の現場では間違った指導が蔓延してしまっている。 本来ならば順調に上達していく選手も間違った教え方ひとつで 上達にブレーキがかかってしまう。 これは非常に『もったいない』こと。」   佐竹さんの言葉です。   34年間の指導の中で「もったいない」 と思う選手を何人も見てきたそうです。   そして、「もったいない」ことをしてしまっている選手の ほとんどの原因が『間違った教え方』にあります。   「基礎」という確立した教え方がないことから 情報を求めるが、その情報の中には『間違った情報』も存在します。   悲しい現実ですが、指導の場では 『間違った情報』も選手に教えてしまっているケースが 当たり前のように行われています。   教える側の立場の方も選手たちのことを思って いろんなことを調べて試行錯誤しながら 必死になって教えている監督やコーチもいらっしゃいます。   しかし、その調べて選手に教えた情報が実は、『間違った教え方』の情報で 結果的に選手の上達に対してブレーキをかけてしまっては元も子もないですよね。   佐竹さんは言います。   「教えるときは、“ある基準”をもって指導してほしい。特に子どもたちには。 それさえ理解すれば、自然と何が間違った教え方なのかが理解できる。 この基準をできるだけ多くの方に知っていただきたい。それが私の願いです。」   この“ある基準”こそが「野球の本当の基礎」なのです。   さて、「野球の本当の基礎」については、 追々ご紹介していくとして…。   今回は、どういった教え方が 「選手の上達にブレーキをかけてしまう間違った教え方なのか」について ご紹介させていただきたいと思います。     ■間違った教え方① 体重移動を妨げる教え方   「体重移動」   ・特大のホームランを打つ ・速くて伸びのあるボールを投げる   打つにしても投げるにしても 体重移動をスムーズに行うことは非常に重要なことです。   今回は、投げるときの 体重移動を妨げてしまう教え方をご紹介します。   コチラの動画をご覧ください↓     Logical Motion Baseball DVD 1月23日(木)18時~発売開始 DVDの詳細はこちら  

関連記事

  1. 川村卓(かわむらたかし)

    間違ってはいけない「2択」

  2. 親が涙を流す至極のレッスン

  3. 川村卓(かわむらたかし)

    バック走と球速アップの関係性

  4. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」

  5. 松尾祐介(まつおゆうすけ)

    体幹の力

  6. お子さんのバッティングに悪影響を与える「5つの症例」とは?

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る