menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

弾丸ヒットを連発させる「両振り」

From:お父さんのための野球教室事務局

バック走の写真

 

 

 

■たった1回のレッスンで、その週末の試合で
 息子がヒットをはじめて打てたんです!

■Aチームに上がって全く打てていなかったのに
 このレッスンを受けたら、すぐにAチームでも
 ヒットを打てるようになって、今では3番を打たせてもらってます!

■レッスンを受ける前は全然打てなかったのに
 今では打率が4割を超えるようになりました!

■「今日は打てるのかな…」と自信がなく後ろ向きだった息子が
 今では「今日も絶対打つ!」と自信満々で試合に臨めています!

これは、西本コーチから、実際に息子さんがレッスンを受けたお父さんやお母さんの声です。

その他にも、保護者の方から喜びの声が続々と届いています。

感想
感想
感想
感想

お父さん、お母さんが涙するほどの“泣ける”バッティングレッスン。

レッスンコーチである西本コーチは、これまでの5年間で約2,000人もの野球少年たちを指導してきました。

・練習はしているけど、とにかく打てない

・ヒットをまだ1本も打ったことがない

・Aチームになってから全く打てなくなった

・複数のコーチに、それぞれ違うことを教えられてパニックになって打てなくなった

・「上体を回して」、「腰をグッと回して」などの漠然な教え方が多くて、子どももわからないし、
親としても理解できないから家に帰ってから子どもに教えてあげることもできない

・人数が少なくて試合には出してもらっているけど、打てない日が続き、
「今日は打てるのかな…」と自信がなく、後ろ向きな息子をどうにかしたい

これまでに、いろんな悩みを持った親子が西本さんのレッスンを受講し、

今までの悩みがウソだったかのように短期間で変わる息子の変化に
涙するお父さん、お母さんがいるほどの成果が出ています。

一体どんな練習方法で教えているのか?

西本コーチは、西本コーチは、レッスンを受けにくる野球少年たち全員に同じ練習方法を使って指導しています。

その練習方法が「両振り」という素振りです。

この両振りという素振りだけで、どれだけ打てなかった子でもヒットが打てる準備を整えることができます。

関連記事

  1. 【審判ジャッジ】①守備妨害

  2. 春山 総星(はるやま そうせい)

    エラー想定

  3. 画期的な練習法

  4. 川村卓(かわむらたかし)

    高校生に適したバッティング練習

  5. 『野球の本当の基礎』って?

  6. あなたが2塁塁審だった場合…

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る