menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

親が涙を流す至極のレッスン

From:お父さんのための野球教室事務局

私も最初は信じられませんでした。

たった30分のレッスンを受けただけで、これまで全然打てていなかった子やヒットを打ったことがない子が、これまでの苦労がウソかのように次の試合で簡単にヒットが打てる…

そんなバッティングスクールが大阪にある…という噂を私はある知人を通じて耳にしました。

そんなことが本当にできるのか?

ちょっと信じ難いことだなぁ。と思いながらも、私は、このコーチが教えている大阪のバッティングセンターに何度か足を運びました。

そして、足を運ぶ度に、そのときにたまたまレッスンを受けに来ていた保護者の方に事情を説明し、いろいろとお話しを聞かせていただきました。

何度か足を運ぶ中で、自分が最初に抱いていた「そんなことが本当にできるのか?」という疑問は、いつの間にか消え去っていました。

バック走の写真

■たった1回のレッスンで、その週末の試合で
 息子がヒットをはじめて打てたんです!

■Aチームに上がって全く打てていなかったのに
 このレッスンを受けたら、すぐにAチームでも
 ヒットを打てるようになって、今では3番を打たせてもらってます!

■レッスンを受ける前は全然打てなかったのに
 今では打率が4割を超えるようになりました!

これは、あるコーチから、実際に息子さんがレッスンを受けたお父さんやお母さんの声です。

そして、下記の動画が実際にレッスンを受けた野球少年たちのバッティングの変化です。

 

 

 

 

この野球少年たちがバッティングを改善し、打てるようになるまでにかかった期間は、

上から、2週間、1週間、1週間、1日(30分)です。

お父さん、お母さんが涙するほどの“泣ける”バッティングレッスン。

レッスンコーチである西本コーチは、一体どんな練習方法で教えているのか?

次回に続く…

バック走の写真

 

関連記事

  1. 【審判ジャッジ】①守備妨害

  2. 画期的な練習法

  3. 川村卓(かわむらたかし)

    剛速球投手育成法

  4. お子さんのバッティングに悪影響を与える「5つの症例」とは?

  5. あなたが2塁塁審だった場合…

  6. 川村卓(かわむらたかし)

    定番練習に落とし穴

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る