menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

バック走と球速アップの関係性

川村卓(かわむらたかし)

基本動作トレーニング① なぜ、「バック走」が 球速をアップすることにつながるのか?

From:お父さんのための野球教室事務局

 

前回の記事で「立つ」、「歩く」、「走る」

日常的に当たり前のように行っている人間の基本的動作を、

 

小学生などの早い段階で

正しく習得することが将来の球速アップにつながる。

 

と、お伝えしました。

 

本日は、その次のステップである、

『基本動作トレーニング』を1つご紹介したいと思います。

 

 

あなたのお子さんが所属しているチームでは、

「バック走」を練習の中に取り入れているでしょうか?

 

バック走の写真

ウォーミングアップメニューの中などで

何気なく取り入れているチームも多いと思いますが、

実は、この「バック走」は、将来、球速をアップさせたり、肩を強くするために

欠かせない練習の1つなんです。

 

バック走と球速アップの関係性

 

まず、バック走という練習は、正しく行うと、

お尻の筋肉(大臀筋)と太もも裏の筋肉(ハムストリングス)を

強化することができるトレーニングになります。

 

この、お尻の筋肉(大臀筋)と太もも裏の筋肉(ハムストリングス)は、

投球時にいくつもの大きな役割を果たしています。

 

たとえば、踏み出した足をきっちりと固定するためにも使われます。

 

右投げの場合、左足を前に踏み出し、その左足に体重移動しながら、

素早く上半身を回転させ、ボールをリリースしていきます。

 

土台である下半身が安定していれば、全身を使った全力投球ができますが、

お尻の筋肉や太もも裏の筋肉が弱い、もしくは上手く使えていない場合は、

 

身体の支柱となる踏み出し足が不安定になり、膝がグラつき、力が分散したり、

上体が前方に突っ込み、手投げになる原因にもなります。

 

その他にも、足を上げて片足立ちになったときや

腕の振りを速くすることにも関わっていて、将来の球速アップにもつながっていきます。

 

このように投球時に重要な役割を、お尻の筋肉や太もも裏の筋肉は果たし、

その筋肉をバック走で鍛えることができるのですが、

 

実は、多くの子どもたちがバック走のやり方を間違っている…。

という悲しい現実があります。

 

あなたのお子さんは、大丈夫でしょうか?

 

詳しくはコチラの解説&比較動画をご覧ください↓

関連記事

  1. 縦振り式練習ドリル

    バッティングは「センター返し」から教えてはいけない!?

  2. 画期的な練習法

  3. あなたが2塁塁審だった場合…

  4. お子さんのバッティングに悪影響を与える「5つの症例」とは?

  5. コントロールが良くなる「3ステップ」

  6. 川村卓(かわむらたかし)

    中学生時のトレーニング

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る