menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?
  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?
  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?
  4. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  5. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  6. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  7. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  8. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
  9. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…
  10. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

剛速球投手育成法

川村卓(かわむらたかし)

140kmは誰でも投げられる!? 将来、お子さんが140km以上を投げる 剛速球投手になるためには、 小学生の時期に「ある動作」を 正しく習得することが必要不可欠です。

 

キャッチャーミットに、「ズバーンッ!」と突き刺さる剛速球。

 

小学生なら100km以上、中学生なら120km以上、高校生なら140km以上。

 

あくまで1つの目安ですが、この数字をクリアできているピッチャーは

球が速く、空振りや三振も多くとれる「剛速球投手」といえるのではないでしょうか。

 

もちろん、ピッチングは、球速がすべてではありませんが、

球が遅いよりは、速い方がバッターはバットにボールを当てる確率が低くなり、

打ちにくいものです。

 

ダルビッシュ投手、田中将大投手、大谷翔平投手など。

 

日本を代表するピッチャーも150km、160km以上のストレートを武器に

活躍していることからも、速い球を投げられたことに越したことはないでしょう。

 

どんな子どもでも、球速は必ずアップできる

 

 

近年では、野球動作解析の研究やトレーニングの合理化により、

球速を安全且つ、簡単にアップさせることができる時代になりました。

 

しかし、

「球速を上げるために欠かせない条件がある」

と、動作解析のスペシャリストである、

筑波大学の川村准教授は、おっしゃいます。

 

人間の基本的動作を早い段階で正しく習得する

 

 

「立つ」、「歩く」、「走る」

日常的に行っている人間の基本的動作は、

簡単なように見えて、実は難しいものなんです。

特にピッチングに関しては、

この「立つ」、「歩く」、「走る」などの基本的動作を、

 

小学生などの早い段階で正しく習得することが、

後の球速アップに直結してくるという研究結果が出ているんです。

 

これは、言い方を変えると、

「立つ」、「歩く」、「走る」という基本的動作をきっちり改善すれば、

『球速を上げる準備が整う』ということ。

 

「速い球が投げられる=生まれ持った才能」

と言われていたのは、一昔前の話しです。

 

現代では、意図的に球を速くし、肩を強くすることができます。

では、小学生の時期に

具体的に何を子どもたちに教えればいいのか?

コチラをご覧ください↓

 

 

関連記事

  1. 松尾祐介(まつおゆうすけ)

    体幹の力

  2. 【注意】スムーズな体重移動を妨げる「2つの教え方」

  3. 縦振り式練習ドリル

    バッティングは「センター返し」から教えてはいけない!?

  4. 川村卓(かわむらたかし)

    中学生時のトレーニング

  5. 野球の指導に用いられる言葉に定義はなく、とてもいい加減

  6. 『野球の本当の基礎』って?

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. ■ご質問内容 ピッチング指導で聞きたいのですが、 小学3年生 投球時にボー…
  2. 緩急への対応について 下記のような質問をいただきました。 -----…
  3. 低学年の教え方について 下記のようなご質問をいただきました。 ---…

おすすめ記事

  1. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?
  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?
  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?
ページ上部へ戻る