menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

剛速球投手育成法

川村卓(かわむらたかし)

140kmは誰でも投げられる!? 将来、お子さんが140km以上を投げる 剛速球投手になるためには、 小学生の時期に「ある動作」を 正しく習得することが必要不可欠です。

 

キャッチャーミットに、「ズバーンッ!」と突き刺さる剛速球。

 

小学生なら100km以上、中学生なら120km以上、高校生なら140km以上。

 

あくまで1つの目安ですが、この数字をクリアできているピッチャーは

球が速く、空振りや三振も多くとれる「剛速球投手」といえるのではないでしょうか。

 

もちろん、ピッチングは、球速がすべてではありませんが、

球が遅いよりは、速い方がバッターはバットにボールを当てる確率が低くなり、

打ちにくいものです。

 

ダルビッシュ投手、田中将大投手、大谷翔平投手など。

 

日本を代表するピッチャーも150km、160km以上のストレートを武器に

活躍していることからも、速い球を投げられたことに越したことはないでしょう。

 

どんな子どもでも、球速は必ずアップできる

 

 

近年では、野球動作解析の研究やトレーニングの合理化により、

球速を安全且つ、簡単にアップさせることができる時代になりました。

 

しかし、

「球速を上げるために欠かせない条件がある」

と、動作解析のスペシャリストである、

筑波大学の川村准教授は、おっしゃいます。

 

人間の基本的動作を早い段階で正しく習得する

 

 

「立つ」、「歩く」、「走る」

日常的に行っている人間の基本的動作は、

簡単なように見えて、実は難しいものなんです。

特にピッチングに関しては、

この「立つ」、「歩く」、「走る」などの基本的動作を、

 

小学生などの早い段階で正しく習得することが、

後の球速アップに直結してくるという研究結果が出ているんです。

 

これは、言い方を変えると、

「立つ」、「歩く」、「走る」という基本的動作をきっちり改善すれば、

『球速を上げる準備が整う』ということ。

 

「速い球が投げられる=生まれ持った才能」

と言われていたのは、一昔前の話しです。

 

現代では、意図的に球を速くし、肩を強くすることができます。

では、小学生の時期に

具体的に何を子どもたちに教えればいいのか?

コチラをご覧ください↓

 

 

関連記事

  1. 川村卓(かわむらたかし)

    中学生時のトレーニング

  2. 【審判ジャッジ】①守備妨害

  3. あなたが2塁塁審だった場合…

  4. 【注意】スムーズな体重移動を妨げる「2つの教え方」

  5. 榊原貴之(さかきばらたかゆき)

    腕を大きく使って投げてしまう選手に足りないものとは?

  6. 川村卓(かわむらたかし)

    間違ってはいけない「2択」

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る