menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

いまどきの野球少年に適した指導法

体育の成績が「2」や「3」でも、グングン上手くなる『現代野球指導』とは?

あなたのチームも同じかもしれません

ある中学軟式野球部の監督が

こんなことを言っていました。

 

「今、野球部に入部してくる子と 一昔前に入部してくる子には決定的な違いがある」…と。

 

それは、「運動能力」です。

 

10年、20年前に入部していた選手は

学校の体育の成績が5段階評価で「4」か「5」という

運動能力の高い選手がほとんどでした。

 

しかし、現代では、サッカー人気の向上をはじめとして

他のスポーツに運動能力の高い選手が分散している傾向があります。

 

 

その影響もあり、現代の野球部に入部してくる選手は、

体育の成績が「2」や「3」の選手が

多くなってきているという背景があります。

 

この背景は、指導においても大きな影響を与えます。

 

なぜなら、同じ指導をしたとしても

昔は通用した指導が現代の野球少年には不向きな場合があるからです。

 

もし、あなたが指導者で思い当たる節があるとしたら?

今からお伝えすることは有益な情報となるでしょう。

 

例えば、スローイングの腕の使い方にしても

一昔前まではフォーム指導だけで改善されたことが

 

現代の野球少年たちは、同じようなフォーム指導では

改善されないケースも少なくはありません。

 

では、そんなときは現代の野球少年たちに

どのように教えることがベストなのか?

 

答えは、

 

「素質・運動能力に恵まれない選手でも

 自然にスムーズな腕の使い方になる練習メニューを課すこと」です。

 

詳しくは以下の動画をご覧ください。

公立校の野球部監督として、26年の指導歴を持つベテラン指導者。独自の指導法により、多くの公立校が抱える選手の問題(能力、ヤル気の差)や練習時間、環境などの制限を乗り越え、数多くの大会で好成績をおさめる。「個」の能力を伸ばし、次の年代でも通用する選手育成法は、多くの野球指導者からも注目されている。2017年3月21日 18時販売開始!

 

関連記事

  1. 川村卓(かわむらたかし)

    中学生時のトレーニング

  2. 川村卓(かわむらたかし)

    高校生に適したバッティング練習

  3. 川村卓(かわむらたかし)

    野球指導にも順序がある

  4. 松尾祐介(まつおゆうすけ)

    バッティングの「タメ」と「カベ」

  5. 川村卓(かわむらたかし)

    間違ってはいけない「2択」

  6. あなたが2塁塁審だった場合…

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る