menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  4. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  5. コントロールが良くなる「3ステップ」
  6. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  7. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  8. スピードが先か?コントロールが先か?
  9. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  10. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

定番練習に落とし穴

川村卓(かわむらたかし)

あなたのチームは大丈夫ですか?キャッチボール後の定番練習に、落とし穴があります 1対1で、バットをコントロールして相手にボールを打ち返す練習メニュー。 野球の練習メニューの定番である、ペッパー。(トスバッティングと呼ぶこともあります)   ペッパー写真   キャッチボールの後、 多くのチームで当たり前のように行っている練習です。     最近では、このペッパーの練習について、   「あまり意味がないんじゃないか」   「ウォーミングアップの一種でしかない」   というような声も増えてきていますが、 このような考え方は、大きな間違いです。     「ペッパーは、単純な練習のように見えますが、 バットコントロールの習得、正しいミートポイントの習得のための「入口」といえる、とても大切な練習だと認識していただきたい」     と、野球動作解析の専門家である、川村先生はおっしゃいます。     そして、川村先生がもっとも懸念しているところは、 バッティング上達に欠かせない練習にも関わらず、高校生になっても、     「多くの選手がペッパーをやることによって、  バッティングに悪いクセが付く、間違った方法で練習をしている」という点です。     付いてしまう代表的な悪いクセは、 「手打ち」、「体の開きが早くなる」、 この2つです。     前回の記事でもお伝えしましたが、 高校生の時期というのは、バッティングの能力が一番向上する時期です。     そんな急成長できる時期に 「悪いクセ」というのは、邪魔な存在でしかありません。     あなたが教えている選手たちは大丈夫ですか?     次の解説・実践動画をご覧いただき、 明日の練習で、選手たちのペッパーの打ち方を確認してあげてください。     そして、正しくできていなければ、選手のためにも すぐに正しいペッパー練習を教えてあげてください。     次の動画をご覧ください。

    高校生がやるべきバッティング練習はこれだ!右へ左へ鋭い打球が打てるようになる22の科学的練習ドリル   川村プロフィール

関連記事

  1. 「手打ち」を改善するには・・

  2. 川村卓(かわむらたかし)

    バック走と球速アップの関係性

  3. 【審判ジャッジ】①守備妨害

  4. 榊原貴之(さかきばらたかゆき)

    腕を大きく使って投げてしまう選手に足りないものとは?

  5. 松尾祐介(まつおゆうすけ)

    バッティングの「タメ」と「カベ」

  6. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。「あれ?どっちだっけ?」恥ずかしい話…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
ページ上部へ戻る