• 動画
  • 動画の紹介ページ

【審判ジャッジ】①守備妨害

野球の審判をする機会があるあなたへ【要チェック!】知っておかないと恥をかく!打者の捕手に対する守備妨害「今度、審判お願いできますか?」

 

少年野球では、保護者の方が練習試合などで

審判を任されることがよくあります。

 

「今度の練習試合、審判の人手が足りないので 

お願いできますか?」

 

自分の子どもが所属するチーム関係者から

このように頼まれると、なかなか断れませんよね。

 

また、所属するチームによっては、

保護者の方が、交代で審判をおこなうケースもあります。

 

「交代で」となると、さらに断るのが難しいですよね。

 

実際、多くのお父さんたちが

審判の仕事を引き受けて、審判としてグラウンドに立っています。

 

しかし…

 

「ちゃんと審判ができるだろうか…不安だ」

 

・ストライクゾーンの範囲

・守備妨害

・打撃妨害

・投球動作とボーク

・二塁塁審のポジション

・走者一塁の場合の審判のフォーメーション

・単独二塁、または、単独三塁の場合のフォーメーション

・タイムプレイ

 

などなど…

 

子どもたちが正しいルールの中で

野球を楽しくプレーするためには、審判として

正しく判定しなくてはいけないことはたくさんあります。

 

ランナーの進塁や場合によっては得点も絡む、

妨害系やボーク、タイムプレイ。

 

このあたりは、特に正しい判定を下さないと

試合の流れや勝敗までも左右することになります。

 

仮にこのような大事なケースで間違った判定を下してしまったり、

相手チームの監督やコーチから抗議されたときに、

 

正しく判定ができず、試合の進行がストップしてしまえば、

試合を見ている周りの人たちから、

 

「あの審判大丈夫なの?」

「もしかしたら、あんまりルール知らないんじゃないの?」

 

という空気になり、子どもたちの前で

恥をかいてしまう可能性だってあります。

 

インターネットで少し検索をするだけでも

上記のようなケースに出くわし、みんなの前で恥をかいたり、

不甲斐ない思いをしたお父さんがたくさんいることがわかりました。

 

「自分が試合でちゃんと審判ができるだろうか…」

 

多くのお父さんたちが

このように不安を抱えています。

 

もしかすると、このページをご覧いただいているあなたも

同じように不安を抱えているかもしれません。

 

その不安・悩みを解消すべく、

お父さんのための野球教室事務局では、

 

自宅で何度でも動画でわかるやすく学べる、

「野球審判マニュアル」DVDを制作することを決めました。

 

今回は、そのDVDに収録されている

「妨害系」のノウハウの一部をご紹介いたします。

 

審判として正しく試合を進行する上で必要な知識です。

 

この無料動画が少しでも

あなたのお役に立てれば幸いです。

 

野球審判マニュアル


お父さんのための野球教室LINE公式アカウント開始記念

お父さんのための野球教室公式LINEアカウントと友達になるだけでDVDが半額で手に入ります!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、お父さんのための野球教室で使えるクーポンをプレゼント! すべての野球DVD教材おひとつを半額で手に入れていただけます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧