menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

もっとも多い質問です。”硬式か軟式か”

お父さんのための野球教室では、DVD購入者の方にメールサポートをお付けしているのですが、その中で最も多い質問の一つをご紹介します。

 

【質問内容】

中学に進学するにあたり”硬式か軟式か”について悩んでいます。

 

私なりの参考にしていただきたい回答をご紹介します。

 

【ボールの観点】

 

硬式ボール、軟式ボールというボールの種類の観点からは、高校野球で硬式をするにあたりほとんど影響はありません。

 

実際に私は中学は軟式でしたが、高校で硬式ボールに変わり一ヶ月程度で慣れました。

 

他の選手も同様で、硬式ボールについていけないという選手はほとんどいないです。

 

【甲子園の観点】

 

”甲子園を目指す”という観点から言えば、硬式のシニア・ボーイズなどが有利です。

 

一概には言えませんが、中学校野球と比べ、強豪校とのパイプが強いため、目にとまる頻度は高いです。

 

ただ、ピッチャーの場合は別です。

 

ピッチャーの場合、チーム自体は別段強くなくても、良いピッチャーがいることは知れ渡るのが早く軟式であっても、渉外(スカウト)担当が足を運ぶことはよくあります。

 

【上達の観点】

 

これは自分次第ですよね。

 

弱いチームであれば、自分が強くしてやろうという気持ちで取り組み、自分で考え、自分で行動する。

 

強いチームであれば、良い指導者から多くを吸収し、さらにチームを強くするという意志で取り組む。

 

以下は私見ですので参考です。

 

私は軟式出身でしたので、軟式を押すわけではありませんが、中学校の軟式のほうが野球と学生生活の両面で見て、良かったと思っています。

 

中学野球は学校の中では中心的なクラブですので、学校の中(女子ですね)で注目度も高いです。

 

それが野球へのモチベーションにも大いに影響がしたと考えています。

 

そればかり気にするのも考えものですが、注目されることで、”恥ずかしいことはできない”という戒めの気持ちも芽生え、野球の向上だけでなく勉強を含めた学生生活の充実をさせてくれました。

関連記事

  1. 自らの努力と工夫で上達していく姿勢

  2. 【ミスは瞬達するために起こるもの】

  3. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?

  4. ピンチはチャンス

  5. 【小学生を練習に集中させる方法】

  6. どのように練習をしたか?追いつくか追いつかないかは自分次第

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る