プロフェッショナルとは

こんにちは、
お父さんのための野球教室の桜井です。

コロナ、コロナ、コロナ…
自粛、自粛、自粛…

ゲームやYouTubeにも
飽きてきた。

こんな時こそ
全てのデバイスの
電源をオフにして

家族の会話を増やしてみたい。

僕の親父は、
気むずかしい人だった。

無口なのに
ささいなことで声を荒げ、

無口なくせに、
アルコールが入ると
調子よく絡んできた。

それは、それは
面倒くさい人だった。

なので、なるべく顔を
合わさないようにしていたので

子どもの頃にじっくりと
話をしたことがない。

もっと話をしたかったし
もっと話を聞きたかった
それが心残りだ。

ので、かわした会話の記憶は
今でも鮮明。

で、「プロ(野球選手)に
会いたい!」って
親父に言ったことがあって、

その時の親父の返事が、
「いつでも会ってる」

意味わからん。

「会ったことないわ」と
僕が返すと、

「お父さんがプロや!」
と親父が言う。

「プロ違うわ!」
と僕は言ったが、

今、親父と同じように
働くようになって、

親父の言葉の意味が
わかるようになった。

今、僕らはお金を貰って
プロの仕事をやっている。

だからプロ野球選手
ではないけれど、

僕らもプロだ。

で、プロ野球選手とは
どんなだかを

子どもに教えてやることは
できないけれど

プロフェッショナルとは何か?
なら教えてやれる。

プロは何を大事にしなければ
いけないか?

はたらくとはどういうことか?
教えやることができる。

たとえば、そうだな…

納期は守ること、
誰よりも知識を身に付けること、
期待以上の結果を出すこと
などなど、

普段から自分が大切に
していることを伝えてみたい。

まとめると、

子どもやゲームやYouTubeに
飽きてきた今だからこそ、

そんな話にも子どもは耳を
傾けるんじゃないかな?

効果的じゃないかな?

追伸。
僕の親父は存命だ。
しかもピンピンしてる。

親子で出来る守備上達メニューで時間を有効につかいませんか?

詳しくはこちら

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧