【少年野球】スローイング・どのようにイップスから立ち直ることができたか?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

【質問】

同じ中学で新チームのキャッチャーの子がどうもイップスになってしまってるようです。

近いところに投げるのがうまくできないようで、ピッチャーに返すボールが山なりであったり、ワンバン、時にはツーバンになったり、セカンド送球はある程度いくのですが、私達が見てて投げ方を忘れてしまってると思うくらいおかしいのです。

インターネット等で調べても治す方法はこれといって無いようですし、良いアドバイスがあったら教えて頂きますよう、よろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ どのようにイップスから立ち直ることができたか
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イップスについてですが、これについては原因も様々でこれだという良い方法がないのが現状です。

以前のメルマガでもご紹介いたしましたが、私も一度イップスに陥った経験がありました。

私の場合も同じく近くの距離のボールの調節というのができなくなったり、プレートからホームまでの距離でもすっぽ抜けたり、ワンバウンドさせてしまうというものでした。

怖くて投げられなくなったり、何度もステップを踏まないと投げられない状態にまでなりました。

そこからどのようにして立ち直ることができたかというと、まずは「機械的に同じ動作を繰り返すことができれば、必ずボールは同じところ(目標とする地点)に到達する」という考え方です。

下半身で上半身を動かし、上半身に伝わった力で腕を動かす。

腕でコントロールさせるのではなく、腕はただ振るだけ。

その一連の動作を機械的に動かせる唯一の方法が体重移動で投げることでした。

DVDでの体重移動の解説は投手を対象としていますが、「投げる」ということの基本は捕手であっても同じです。

ですから捕手であっても言い方は悪いかも知れませんが機械的に体を動作させることにより、ボールが安定してきます。

例え「投げるのが怖い」とか「暴投になってしまう」というイメージをもっていても、動作が良いボールを投げることのできる動作であれば良いボールがいきます。

良いボールが徐々に行き出すとイメージも良いボールのイメージを持ててきます。

また投げることへの恐怖心も徐々になくなってきます。

ですから、もしよければDVDを活用しながら体重移動で投げることにバッテリーで取り組んでいっていただきたいと思います。

 
人気動画チャンネル登録すべき少年野球指導YouTube
 

この記事を書いた人川端健太桜井一
お父さんのための野球教室
1978年生まれ。奈良県出身。大学関西地方リーグで最優秀投手賞(’97年)、最優秀選手賞(’99年)を受賞し、野球部創設以来初の全国大学野球選手権大会に2度出場。最高成績はベスト8。東海地区、社会人野球の名門へ進み、社会人野球の甲子園である都市対抗野球大会に2度の出場。引退後は、人気野球指導ブログ「お父さんのための野球教室」を開設。体系的でわかり過ぎる野球指導法は小学生の保護者に爆発的な支持を得て、DVDや書籍化。現在も、ブログでの指導法の発信、高校野球の現場で学生野球選手のサポート活動を精力的に行う。

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧