menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について

こんにちは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

3月は、
チーム指導の回数が多く、

移動は北海道の網走から
熊本までと動きまくりました!

さて、あなたは、練習や試合が終わって
帰ってきたお子さんに、

「どんな声をかけたらいいんだろう?」

と思うことありませんか?

今日は、お子さんが積極的に
練習するようになるための
言葉かけについて話しますね!

練習や試合後に

「今日は、どうだった?」

と聞くことがあると思います。

こう聞くと、イヤなことや
つらかったことを
思い出してしまう可能性があります。

イヤなことやつらいことだけを
思い出してしまうと、

練習や試合にネガティブな印象だけが
残ってしまう可能性があります。

あなたもそうかもしれませんが、
人間、ネガティブなことは忘れないものです。

これは、人間が生きていくための
本能なので仕方ないんですけどね。

ネガティブなことだけが印象に残ると
積極的に練習できなくなってしまう選手がいます。

そうならないためには、
こんなふうにお子さんに質問してみてください。

「今日は、どんなことができた?」

「どんなことが楽しかった?」

こう質問すると、
「できたこと」「楽しかったこと」に

意識が向くので練習や試合に対して
プラスの印象が残りやすくなります。

プラスの印象が残ると、
積極的に練習するようになるので
次の練習や試合のあとに質問してみてください。

その他、お子さんのやる気に
火をつける方法はコチラ↓

https://rs39.net/c/tr/ctej_1/bl/

今日も最後までお読み頂き
ありがとうございます!

あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達しますように!!

関連記事

  1. どのようにイップスから立ち直ることができたか?

  2. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  3. どのように自分自身をコントロールしていくか

  4. 少しの意識の変化でピッチングフォーム修正は可能です。

  5. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?

  6. 優勝がかかった試合の前に監督から頂いた言葉

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る