menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
  4. メディアが報じない大船渡高校の本当の敗因
  5. 【99%の指導者が知らないウォーミングアップのふたつの目的とは】
  6. 捕球レベルをワンランク上げるコツ
  7. 2019オリックス・バファローズ公式戦ビジターゲーム「親子観戦ペアチケ…
  8. 野球では“この体勢”が最強です!
  9. 「バットの芯ってどこ?」と聞かれたら…
  10. 「バットを鋭く振る体の使い方【末端を動かす】」
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について

こんにちは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

3月は、
チーム指導の回数が多く、

移動は北海道の網走から
熊本までと動きまくりました!

さて、あなたは、練習や試合が終わって
帰ってきたお子さんに、

「どんな声をかけたらいいんだろう?」

と思うことありませんか?

今日は、お子さんが積極的に
練習するようになるための
言葉かけについて話しますね!

練習や試合後に

「今日は、どうだった?」

と聞くことがあると思います。

こう聞くと、イヤなことや
つらかったことを
思い出してしまう可能性があります。

イヤなことやつらいことだけを
思い出してしまうと、

練習や試合にネガティブな印象だけが
残ってしまう可能性があります。

あなたもそうかもしれませんが、
人間、ネガティブなことは忘れないものです。

これは、人間が生きていくための
本能なので仕方ないんですけどね。

ネガティブなことだけが印象に残ると
積極的に練習できなくなってしまう選手がいます。

そうならないためには、
こんなふうにお子さんに質問してみてください。

「今日は、どんなことができた?」

「どんなことが楽しかった?」

こう質問すると、
「できたこと」「楽しかったこと」に

意識が向くので練習や試合に対して
プラスの印象が残りやすくなります。

プラスの印象が残ると、
積極的に練習するようになるので
次の練習や試合のあとに質問してみてください。

その他、お子さんのやる気に
火をつける方法はコチラ↓

https://rs39.net/c/tr/ctej_1/bl/

今日も最後までお読み頂き
ありがとうございます!

あなたの教え子さんや
お子さんが瞬達しますように!!

関連記事

  1. 「もう立てない」というぐらいまで体を使いきれるか?

  2. どのようにイップスから立ち直ることができたか?

  3. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法

  4. どのようにイップスから立ち直ることができたか?

  5. 子どもの運動不足を解消する仕掛け

  6. 怪我の時期をプラスに考える

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!花咲徳栄さんが初戦を勝てませんでした。…
  2. こんにちは、お父さんのための野球教室事務局の長田です。今日は、大学野球についてです。…
  3. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。ものすごく暑いのに炎上です。大船…

おすすめ記事

  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
ページ上部へ戻る