menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  4. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  5. コントロールが良くなる「3ステップ」
  6. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
  7. お子さんが積極的に練習する「言葉かけ」について
  8. スピードが先か?コントロールが先か?
  9. 2019春休み野球教室開催(3月27日)
  10. 【選手が夢中になるバッティング練習メニュー】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?

こんにちは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

今、脳に電流を流して
パフォーマンスアップさせる
機械があるのをご存知ですか?

メジャーでは、
サンフランシスコジャイアンツが
導入されてるそうです。

来月ですが、私は買うことにしました!

どんな効果があったか
メルマガでお知らせしますね!!

先日、

「緊張したら、どうすればいいですか?」

という質問を頂いたんです。

その私なりの答えをシェアしますね!

この質問は、
年齢レベルを問わず、よくあります。

去年、夏の甲子園で
花咲徳栄の選手にも同じ質問をされました。

その私なりの答えは、

「気持ちをコントロールしようとするな」

です。

「緊張しちゃうんです」

と質問してくる選手は、
緊張をなんとかしようと思っても、

なんともできないので
私に質問してくる選手ばかりです。

気持ちをコントロールするなんて、
何十年も修行してるお坊さんでも難しいこと。

十代の選手には、まず無理です。

「え?じゃあ緊張してる選手を見過ごすの?」

そういうわけではありません。

「なにもするな!」

だけではなく、

「緊張してる自分を受け入れろ」

と選手には言ってます。

受け入れるとは、

「俺、緊張してるなぁ」

と思うだけです。

そうすると、
スーーッと緊張が取れていきます。

もちろん、すべての緊張は取れません。

というか、最高の力を発揮するためには、
ある程度の緊張は必要なものですから。

ただ、

「緊張してるなぁ」

と思うだけ、
やってみてください。

今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!

あなたの教え子さんやお子さんが、
さらに活躍できますように!!

お子さんのやる気スイッチを
「オン」にする方法はコチラ↓

https://rs39.net/c/tr/ctej_1/bl/

関連記事

  1. どのようにイップスから立ち直ることができたか?

  2. 少しの意識の変化でピッチングフォーム修正は可能です。

  3. 【小学生を練習に集中させる方法】

  4. パフォーマンスルーティンで、”気持ちをON”しませんか?

  5. 上達にとって最も効果的な良い経験

  6. 目標設定をすることにより、練習中のこども達の集中力にも大きく違い…

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。「あれ?どっちだっけ?」恥ずかしい話…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 【小学生を練習に集中させる方法】
  2. ピッチングマシンになる方法
  3. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
ページ上部へ戻る