menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
  4. 野球部は何をやらせてもそこそこやる説
  5. 【バットにボールが当たらなくなったとき確認すべきこと】
  6. フォームは、46,636通りあるんです。
  7. なぜ子どもは考えて野球をしないか?
  8. なぜ同じ方向にばかり打球が飛ぶのか?
  9. 水1日2リットル飲むと痩せる説
  10. 【こんなとき子どもに何て言いますか?】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?

こんにちは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

今、脳に電流を流して
パフォーマンスアップさせる
機械があるのをご存知ですか?

メジャーでは、
サンフランシスコジャイアンツが
導入されてるそうです。

来月ですが、私は買うことにしました!

どんな効果があったか
メルマガでお知らせしますね!!

先日、

「緊張したら、どうすればいいですか?」

という質問を頂いたんです。

その私なりの答えをシェアしますね!

この質問は、
年齢レベルを問わず、よくあります。

去年、夏の甲子園で
花咲徳栄の選手にも同じ質問をされました。

その私なりの答えは、

「気持ちをコントロールしようとするな」

です。

「緊張しちゃうんです」

と質問してくる選手は、
緊張をなんとかしようと思っても、

なんともできないので
私に質問してくる選手ばかりです。

気持ちをコントロールするなんて、
何十年も修行してるお坊さんでも難しいこと。

十代の選手には、まず無理です。

「え?じゃあ緊張してる選手を見過ごすの?」

そういうわけではありません。

「なにもするな!」

だけではなく、

「緊張してる自分を受け入れろ」

と選手には言ってます。

受け入れるとは、

「俺、緊張してるなぁ」

と思うだけです。

そうすると、
スーーッと緊張が取れていきます。

もちろん、すべての緊張は取れません。

というか、最高の力を発揮するためには、
ある程度の緊張は必要なものですから。

ただ、

「緊張してるなぁ」

と思うだけ、
やってみてください。

今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!

あなたの教え子さんやお子さんが、
さらに活躍できますように!!

お子さんのやる気スイッチを
「オン」にする方法はコチラ↓

https://rs39.net/c/tr/ctej_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. コーチの重要な役割

  2. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  3. この状況、もし私ならどうするか?と考えました。

  4. 子どもの運動不足を解消する仕掛け

  5. パフォーマンスルーティンで、”気持ちをON”しませんか?

  6. 優勝がかかった試合の前に監督から頂いた言葉

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは、お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…
  2. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。最近すごく気になってます。日…
  3. こんばんは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健…

おすすめ記事

  1. 【バッティングで体の開きを直す方法】
  2. 正しいやり方を見つける方法
  3. 【ボールが速く見える時の3つの対処法】
ページ上部へ戻る