menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
  4. メディアが報じない大船渡高校の本当の敗因
  5. 【99%の指導者が知らないウォーミングアップのふたつの目的とは】
  6. 捕球レベルをワンランク上げるコツ
  7. 2019オリックス・バファローズ公式戦ビジターゲーム「親子観戦ペアチケ…
  8. 野球では“この体勢”が最強です!
  9. 「バットの芯ってどこ?」と聞かれたら…
  10. 「バットを鋭く振る体の使い方【末端を動かす】」
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

パフォーマンスルーティンで、”気持ちをON”しませんか?

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

打席に入る前にこれをやったら打ちやすいというものはありませんか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ パフォーマンスルーティン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

初球の入り方、ストライクを取る球、ボールになっている球、決め球は何かということは最低限頭に入れておく必要がありますね。

 

また同じ行動や動作をとるという方法もあります。

 

これはパフォーマンスルーティンと言われるもので、イチロー選手なども毎回同じ行動をとってバッターボックスに入っています。

 

パフォーマンスルーティンがパフォーマンスの向上に影響するかどうかというのは

 

まだ研究段階でありますが、パフォーマンスルーティンを行っている選手と行わない選手では行っている選手のほうが高いパフォーマンスを得ているという研究結果もあります。

 

心理的な部分もありますが、きちんと準備をしたという”気持ちをONする”スイッチが入ることもひとつの要因ではないでしょうか。

 

一度意識して、自分だけのパフォーマンスルーティンを作ってみてください。

関連記事

  1. コーチの重要な役割

  2. 「もう立てない」というぐらいまで体を使いきれるか?

  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法

  4. どのように自分自身をコントロールしていくか

  5. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?

  6. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは!野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!花咲徳栄さんが初戦を勝てませんでした。…
  2. こんにちは、お父さんのための野球教室事務局の長田です。今日は、大学野球についてです。…
  3. こんばんは。お父さんのための野球教室の桜井です。ものすごく暑いのに炎上です。大船…

おすすめ記事

  1. 【足を速くして捻挫を防ぐ方法】
  2. 誰も知らない大学野球
  3. 【解決法】高校野球ピッチャーの連投問題
ページ上部へ戻る