menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

ベースを踏む足は打球の方向と状況にあわせて使い分ける

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

ベースを回る時、どの足で蹴るんでしょうか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ベースを踏む足は打球の方向と状況にあわせて使い分ける
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

ベースを踏む足は打球の方向と状況にあわせて使い分ける(踏む足を固定しない)ことが大切です。

 

例えば、一塁ベースへのかけ抜けは、右足|左 足どちらでもよい(右足の場合は右に体を傾けると良い)。

 

オーバーラン|ベースを回るとき:レフト方向の打球は左足、センターとライト方向の打球は右足で踏むことがベストです。

 

状況に合わせ次の動作に早く移すベストな踏み足を選択することが大切なんです。

 

「ベースランニングは型にとらわれなくてもよい、臨機応変が大切だ」ということを以前元ジャイアンツの屋鋪さんのベースランニングを拝見し学びました。

 

こども達の身長や歩幅はそれぞれ違います。

 

一塁にかけ抜けるときに左足で踏まなければいけない理由もなく、左足で踏むために歩幅を合わせていてはスピードも落ちてしまいます。

 

オーバーランでベースを回るときは状況の確認も必要ですね。

 

そのとき打球がレフト方向なら左足で踏めば自然に体をレフト方向に向けることができます。

 

センターやライトの状況を確認する必要があるときは、右足で踏んだ方が体を向けやすくなります。

 

そのときの打球の方向や状況に最適な踏み足を瞬時に判断し、どちらの足でもベースを踏めるよう練習をしておくことが大切だということです。

 

盗塁王の走塁理論はコチラ
http://rs39.net/c/bb/cbyk_1/bl/

 

関連記事

  1. 左投手の場合のバント処理方法

  2. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません……

  3. ボールへの恐怖心を0近づけるためには…

  4. 中学生までは一つのポジションにこだわらない

  5. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…

  6. 打球への恐怖感を軽減する考え方とは?

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る