menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

守備の一歩目を速くする方法

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!

今日は、守備の一歩目を
速くする方法を紹介しますね!

これは、体の使い方と脳の使い方があります。
最も大事なのは、脳の使い方。

脳の使い方とは、
ボールへの集中度を上げることです。

集中度を上げることで
反応スピードが上がります。

これは、あなたも経験あると思います。
ボールに集中したら
勝手に体が動いてしまった経験を。

では、どうすればボールへの集中度を
上げることができるのか?

それは、ボールを観ることです。
当たり前ですね(笑)

ボールを観るとは、
心も体もボールに向けることです。

眼は、ボールを見ていても、
心がボール以外のことを考えていたら
ボールへの集中度は低くなります。

低くなれば反応スピードは
遅くなってしまう(^-^;

ですから、
心も体もボールに向けてくださいね!

心も体もボールに向けることは
理解して頂けたと思います。

が、いつから向ける、
つまりボールを観たらいいと思いますか?

これは、選手のタイプによるので、
選手が色々試してみて見つけるしかありません。

バターンとしては
イメージの中でボールを観て
ストライクゾーンを観る。

ピッチャーが投げる瞬間から
ボールを観るなどのパターンがあります。

あなたの教え子さんやお子さんは、
いつからボールを観ると
一歩目が速くなるでしょうか?

動きの速さが全く変わるので、
探してみてください。

 

関連記事

  1. 打球への恐怖感を軽減する考え方とは?

  2. サードからの送球

  3. 試合から課題を見つけ、その課題を克服する

  4. フライが捕れない

  5. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…

  6. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る