menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

守備が上手くなる「反応スピードアップエクササイズ」

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


いつも愛読頂きありがとうございます。


私は秘密塾(チーム指導)瞬達塾などで
東北に行くことが多いんです。


今年は、どこも例年の半分も
雪が降ってないようです。


先日、日本文理さんの指導で
新潟に行ったときも
全然雪がなくてビックリしました。


今年は、どこも暖冬なんですね。


今日は、
反応スピードアップエクササイズを紹介しますね!


今から紹介するエクササイズを実践すると、

守備、バッティングで
ボールへの反応が速くなります。


反応が速くなれば、守備範囲は広がり、
バッティングではあらゆるボールに
対応できるようになりますよ!


では、具体的に
どんなエクササイズかを説明しますね!


これは、二人一組で行います。


ふたりは、向かいあって立ちます。


次にひとりが、
片手にボールを持ち、

地面にボールを向けるように手のひらを
地面のほうに向け、ペアの胸の高さに腕を伸ばします。


次にもうひとりは、ペアの手の甲に
どちらの手でもいいので、手のひらを重ねます。


手のひらを重ねたら、
ボールを持ってる人は、ボールを離します。


そのボールが地面に落ちる前に
ペアはキャッチします。


片手でキャッチしても
両手でキャッチしても構いません。


これを10回ほど行ってください。


胸の高さで簡単に
キャッチできるようになってきたら、
徐々に胸より低くしていってください。


このエクササイズは、守備練習と
バッティング練習の前に行うことをオススメします。


なぜなら、このエクササイズを行うと
ボールへの集中度がアップするからです。


ボールへの集中度がアップすれば
反応スピードは自然とアップしますからね!


もちろん、家で行ってもらっても構いませんよ!!

その他、守備上達法はコチラ↓
http://rs39.net/c/bb/cbun_1/bi/


今日も最後までお読み頂き
ありがとうございます。


あなたのお子さんが
瞬達するよう応援してます!!

関連記事

  1. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】

  2. 「最強の野球瞬達法」

  3. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

  4. 試合から課題を見つけ、その課題を克服する

  5. サードからの送球

  6. 練習時のティーバッティングの注意点とは?

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る