menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
  4. 【試合後、子どもにかけるべきたったひとつの言葉】
  5. 【楽しく運動脳力をアップする練習方法】
  6. 【保護者をファン化する】
  7. 【上達の絶対条件】
  8. 【子どもと大人の時間の長さが違う理由】
  9. 【体の使い方の基本 足】
  10. 河童が少年達に今一番伝えたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

無料メールマガジン登録

サードからの送球

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

小3の息子がリトルでサードを守っています。

 

送球がカーブ回転してボールが失速します。

 

キャッチボールでも同様です。

 

投げ方を見てると前足が伸びて体重が前足に乗っていないように見えます。

 

上半身と腕だけで投げているように見えます。

 

下半身を使った投げ方にしたいので何かアドバイスをお願いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ サードからの送球
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

サードの場合、捕球して投げる際に体が開きやすくなる傾向があります。

 

体が開いた状態で投げる動作(腕を振る動作)を行うとボールがカーブ回転し、本人から見て左側へボールを投げてしまいやすくなります。

 

これを回避するために、真っすぐの方向へ腕の振りを調整します。

 

これを繰り返していくと、腕の振りが小さくなってボールのスピードが遅くなるというサイクルにおちいることがあります。

 

おっしゃる通り、下半身で”投げる力”と”投げる方向づけ”することが大切ですが、できるだけシンプルに伝えてあげることが大切ですね。

 

●ボールを捕ったら、グラブを持っているほうの ”肩”を投げたい方向へ向ける

●投げたい方向へステップして、投げたい方向へグラブを出す。

●出したグラブに向かって、腕を振る

 

この3つの動作を伝えてあげてください。

 

そしていっきに3つを行うのではなく、順番にひとつずつ、取り組んでいってみてください。サードの場合は、前と横の動きが多く、捕球したときにグラブを持つ側の肩(左肩)が投げたい方向に向いていることは少ないですね。

 

ですから、最初の捕球したら投げたい方向に左肩を向けることを取り組んでいけば、まずは大きく改善に向かうと考えます。

⇒ http://rs39.net/c/bb/cbun_1/bl/

これらの少年野球指導法は、
無料のメールマガジンでも配信しております

野球経験がないお父さんのために、
メールマガジンでも少年野球指導法を配信・公開しています。

元プロ野球選手や、経験豊富なコーチのノウハウを公開!

今なら登録後に「お子様へバッティングを教える方法」をまとめた
レッスン動画を無料でプレゼント!
また、元プロ野球選手や経験豊富な少年野球コーチが指導者として参加する
メルマガ読者限定の野球教室も開催しています!




関連記事

  1. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?

  2. 試合から課題を見つけ、その課題を克服する

  3. 打球への恐怖感を軽減する考え方とは?

  4. フライが捕れない

  5. 左投手の場合のバント処理方法

  6. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…
  2. お父さんのための野球教室の桜井です。90分で3キロ泳げるようになったよ。さあ今年…
  3. お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!…

おすすめ記事

  1. 【理想の打球を打つための脳の使い方】
  2. お茶をすするヒマがない理由
  3. 【清原和博氏に学ぶ飛ばす軸足の使い方】
ページ上部へ戻る