menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  2. 【質問】小学校のチーム選びについて
  3. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
  4. 【ストレッチの効果を10倍にする方法】
  5. 【質問】硬式のクラブチームに行くか、軟式の部活で野球をやるか悩んでいま…
  6. 【脱力のコツ】
  7. 説得力のある、超一流選手のバッティング指導センスをあなたも手に入れませ…
  8. 理想の打撃フォームを身に付けてヒットを量産する方法
  9. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  10. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

サードからの送球

教材購入者の方からこのような質問をいただきました。

 

【質問】

 

小3の息子がリトルでサードを守っています。

 

送球がカーブ回転してボールが失速します。

 

キャッチボールでも同様です。

 

投げ方を見てると前足が伸びて体重が前足に乗っていないように見えます。

 

上半身と腕だけで投げているように見えます。

 

下半身を使った投げ方にしたいので何かアドバイスをお願いします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ サードからの送球
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

サードの場合、捕球して投げる際に体が開きやすくなる傾向があります。

 

体が開いた状態で投げる動作(腕を振る動作)を行うとボールがカーブ回転し、本人から見て左側へボールを投げてしまいやすくなります。

 

これを回避するために、真っすぐの方向へ腕の振りを調整します。

 

これを繰り返していくと、腕の振りが小さくなってボールのスピードが遅くなるというサイクルにおちいることがあります。

 

おっしゃる通り、下半身で”投げる力”と”投げる方向づけ”することが大切ですが、できるだけシンプルに伝えてあげることが大切ですね。

 

●ボールを捕ったら、グラブを持っているほうの ”肩”を投げたい方向へ向ける

●投げたい方向へステップして、投げたい方向へグラブを出す。

●出したグラブに向かって、腕を振る

 

この3つの動作を伝えてあげてください。

 

そしていっきに3つを行うのではなく、順番にひとつずつ、取り組んでいってみてください。サードの場合は、前と横の動きが多く、捕球したときにグラブを持つ側の肩(左肩)が投げたい方向に向いていることは少ないですね。

 

ですから、最初の捕球したら投げたい方向に左肩を向けることを取り組んでいけば、まずは大きく改善に向かうと考えます。

⇒ http://rs39.net/c/bb/cbun_1/bl/

関連記事

  1. バント対策としての投球術というものはあるのでしょうか?

  2. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?

  3. 外野からのバックホームが上達できる方法

  4. 左投手の場合のバント処理方法

  5. フライが捕れない

  6. 中学生までは一つのポジションにこだわらない

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは! お父さんのための野球教室 メルマガ執筆者で、 野球…
  2. こんにちは! お父さんのための野球教室の桜井です。 下記のような…
  3. こんにちは! お父さんのための野球教室 メルマガ執筆者で、 野球…

おすすめ記事

  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  2. 【質問】小学校のチーム選びについて
  3. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
ページ上部へ戻る