【少年野球】投手のバント処理練習法

グングン上達する身体をつくる、プロテインの「正しい知識」

投手から見てバントというのは、アウトを一つくれる代わりにピンチが広がるものだと思います。

しかしそのバントも、失敗させることができたら相手にとって、アウト一つ以上に精神的にもダメージを与えることができます。

今回は相手がバントをしてくるときの投手の注意点と、バント処理のコツを紹介します。

バント時の投手の注意点

相手が送りバントの構えをしてきたら、投手のあなたはどう考えますか?

これは私の経験談ですが、中学生の頃にノーアウト一塁で相手は一番打者でした。

相手の一番打者はパンチ力のある打者でしたが、初球から送りバントの構え。

私はバントをさせて、二塁でランナーをアウトにしようと考えていました。

投げたらすぐ前にダッシュすることだけを考えて、力のない球を真ん中に投げてしまいます。

すると、打者はヒッティングに切り替え、見事にレフトスタンドに運ばれてしまいました。

何が言いたいかというと、もちろん投球後に素早くダッシュすることは大事ですが、肝心の投球を疎かにしてはいけないということです。

力のない球はバントもしやすいですし、バスターを狙っている打者には格好の餌食になります。

そんな球を打たれたら、投手は悔やんでも悔やみきれません。

バント処理は投球後の行動であって、投球を中途半端にして行うものではないということを、しっかり頭に入れておいてください。

バント処理のコツ

相手がバントをしてきて、二塁や三塁でランナーをアウトにする時のお話をします。

打球を見て、アウトにできると思ったら各塁に送球すると思いますが、ギリギリのプレーになるかと思います。

バント処理で暴投を投げてしまった時を振り返ってみると、急ぐあまり横から投げていたり、握れないまま投げていたりするシーンが多いです。

二遊間はダブルプレーの時などに、捕球してすぐ横から投げたりすることも多く、その印象も強いと思います。

しかし、それができるのは練習している選手だけです。

投手でもしっかり練習を積んで、横からでも素早く投げられるならいいですが、普段したことがないことを急に本番でしても、失敗する確率は高いでしょう。

しっかり自信が持てるまで練習をするか、基本通り上からのスローイングを心掛けましょう。

次は二塁や三塁に送球する時のコツを紹介します。

バント処理の時、投手は前にダッシュをするので、二塁や三塁とは逆の方向に勢いがついていることになります。

逆に打球はホームベースから前に転がるので、二塁や三塁の方向に勢いがあることになります。

この打球の勢いを利用して、送球することがコツとなります。

打球までダッシュしてそのまま捕球をすると、ブレーキを掛けることになります。

そうしたら、送球はほとんど上半身だけで行うことになり、上半身の力が強い人ならいいかもしれませんが、それでも暴投の可能性が上がってしまいます。

そこで、打球までダッシュをして、捕球の二歩くらい手前で早めにブレーキを掛け、最後に打球と同じ方向に少し勢いをつけながら捕球します。

すると、しっかり下半身を使って投げることができ、正確かつ強い送球ができます。

特に小学生は、まだ上半身だけで強い送球をすることは難しいので、結果的にこの動きをしたほうが、速さも正確さも上がります。

素早く捕球していい所へ素早く送球するまでがバント処理です。

捕球するだけではないので、いかに送球しやすい体勢で捕球できるかを考えてプレーしましょう。

まとめ

今回は投手のバント処理についてお話しましたが、簡単そうに見えてしっかり練習をしておかないと、意外とミスが出やすいプレーです。

目立たないかもしれませんが、このようなプレーの一つ一つでライバル達との差がついていきます。

今回の話を頭に入れ、日頃から練習をしてみてください。

【今だけ】無料でコントロールが良くなる方法教えます!


ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com

関連記事一覧