menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  4. 投球の力みをなくして進化させるコツ
  5. 【小学生を練習に集中させる方法】
  6. ピッチングマシンになる方法
  7. 【ミスは瞬達するために起こるもの】
  8. こんな投げ方指導を見たら、全力で止めてください
  9. コントロールが良くなる「3ステップ」
  10. 9割の野球少年はストライクゾーンをちゃんと覚えていない!?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

カテゴリー:動画

From:お父さんのための野球教室事務局 沢村「コントロールが良くないのは息子のキャッチボールを見ればわかる」「投げるフォームが悪いのもわかる」「何かを改善しないと良くならないこともわかる」「でも、何から教え…

「バッティングに悪影響を与える症例」 あなたのお子さんは 以下の5つの症例に該当しますか? もし、該当するのであれば 将来のことを考えると、 1日でも早く改善すること…

「手だけで打ちに行くな!」 「手打ちするな!」 野球を続けていくと よく耳にする言葉の1つです。 では、なぜ 手打ちになってしまうのか? バッテ…

スイングに力強さがない子に対して 「もっとタメを作ろう」 スイング時にピッチャー側に体が 流れてしまう子に対して 「足で踏ん張ってカベを作ろう」 あなたは、このようなバッティング…

From:お父さんのための野球教室事務局 …

From:お父さんのための野球教室事務局 私も最初は信じられませんでした。 たった30分のレッスンを受けただけで、これまで全然打てていなかった子やヒットを打ったことがない子が、これまでの苦労がウソかのよ…

From:お父さんのための野球教室事務局 前回の記事で「立つ」、「歩く」、「走る」 日常的に当たり前のように行っている人間の基本的動作を、 …

キャッチャーミットに、「ズバーンッ!」と突き刺さる剛速球。 小学生なら100km以上、中学生なら120km以上、高校生なら140km以上。…

「学校の校則でどんなに練習をしたくても夕方5時くらいで部活動を終了しないといけない」「学校という立場上、近隣に騒音や照明で迷惑をかけられないからたとえナイター設備があっても遅くまで練習でき…

ある中学軟式野球部の監督がこんなことを言っていました。「今、野球部に入部してくる子と 一昔前に入部してくる子には決定的な違いがある」…と。それは、「運動能力」で…

さらに記事を表示する
和田バナー

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室の桜井です。偉大な投手が またひとり引退しました…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…

おすすめ記事

  1. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  2. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  3. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
ページ上部へ戻る