menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
  4. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」
  5. 【質問】バッティングの「体の開き」を直す練習方法を教えてください
  6. 【質問】気分が乗ってこない子供にどのように接すればいいですか?
  7. リラックスしてプレーする簡単なコツ
  8. 投げるときの「腕の上げ方」について
  9. 「体の開き」と「踏み出し幅」の関連性について
  10. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

カテゴリー:動画

スイングに力強さがない子に対して 「もっとタメを作ろう」 スイング時にピッチャー側に体が 流れてしまう子に対して 「足で踏ん張ってカベを作ろう」 あなたは、このようなバッティング…

From:お父さんのための野球教室事務局 …

From:お父さんのための野球教室事務局 私も最初は信じられませんでした。 たった30分のレッスンを受けただけで、これまで全然打てていなかった子やヒットを打ったことがない子が、これまでの苦労がウソかのよ…

From:お父さんのための野球教室事務局 前回の記事で「立つ」、「歩く」、「走る」 日常的に当たり前のように行っている人間の基本的動作を、 …

キャッチャーミットに、「ズバーンッ!」と突き刺さる剛速球。 小学生なら100km以上、中学生なら120km以上、高校生なら140km以上。…

「学校の校則でどんなに練習をしたくても夕方5時くらいで部活動を終了しないといけない」「学校という立場上、近隣に騒音や照明で迷惑をかけられないからたとえナイター設備があっても遅くまで練習でき…

ある中学軟式野球部の監督がこんなことを言っていました。「今、野球部に入部してくる子と 一昔前に入部してくる子には決定的な違いがある」…と。それは、「運動能力」で…

子どもたちが野球を上手くなっていくために指導者の協力は必要不可欠です。ここでお伝えすることは高校生へ…

1対1で、バットをコントロールして相手にボールを打ち返す練習メニュー。 野球の練習メニューの定番である、ペッパー。(トスバッティングと呼ぶこともあります) キャッチボールの後、 多くのチームで当たり前の…

高校生の時期に最も適したバッティング指導内容をご紹介する前に「野球指導」と「選手の体」の関連性について、まずは、お話しさせてください。…

さらに記事を表示する
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! 一気に寒くなってきましたねぇ。 体調、大丈夫ですか?…
  2. 下記のような ご質問・ご相談をいただきました。 ----------…
  3. 今日は、ライバルと同じ練習しても 上達スピードに差をつける方法をシェアしますね!!…

おすすめ記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?
  2. 【質問】監督が「ヒジを上げろ」と常に教えているのですが…
  3. ライバルと同じ練習内容でも、上達スピードに差をつける方法
ページ上部へ戻る