【少年軟式木製バット】プレゼントキャンペーン!

なぜ木製バットをプレゼントするのか?

「小学生は木製バットで練習を!」

現在、少年野球では、「飛ぶバット」が主流です。

しかし、「飛ぶバット」も芯で打たなければ、その性能を発揮することはありません。

各メーカーにお話しを伺いましたが、同じ答えでした。

その芯で打つ感覚を敏感に感じ取れるのが「木製バット」です。

ウレタン・カーボン・金属といろんな素材がありますが、その中で1番芯が狭いのが「木製バット」。

練習で素材の力で飛ぶバットを使っても、本当の意味で技術を磨くことは難しいのではないでしょうか?

練習は飛ばないバットで芯でとらえる技術を磨いて、試合で飛ぶバットの性能を発揮できるようにする。

「練習は木製バット、試合は飛ぶバット」

これが、これからの少年野球の新しいバッティングスタイルになると思います。

バットは3種類から選べます!

プレゼントするバットは、3種類。

富山県エスオースポーツ工業様の少年軟式バットです。

左から

①黒マーク  長さ 78㎝ 524g   中学年~高学年向け

②赤マーク  長さ 78㎝ 630g 高学年向け

③白マーク  長さ 75㎝ 439g 低学年~中学年向け

*重量は誤差がありますのでご了承ください

この3種類から、ご希望のバットをSNSのコメント欄に記入して投稿をお願いいたします!!

Facebookでのご応募はこちらから
https://www.facebook.com/otousannotamenoyakyukyoushitsu

Twitterでのご応募はこちらから
https://twitter.com/BaseballOtousan/status/1288311597077655552

Instagramでのご応募はこちらから
https://www.instagram.com/otosannotameno/

応募期間は、8月25日(火)23:59まで

高校から上のステージは、木製バット!

小学生から、高校生までは軟式・硬式関わらず木製バットを使いません。

そのまま高校で硬式野球を卒業する選手が多いことを考えると、野球人生で1度も木製バットを使わない選手がこれからも増え続けるでしょう。

これでいいのかな?

単純にそんな気持ちにもなります。

しかし、高校から上のカテゴリーで硬式野球を目指すのであれば、全てのカテゴリーが木製バット。

木製バットへの対応が出来ずに世界大会で結果が出ないというニュースもあります。

小学生から練習で木製バットを使うだけでも受けるメリットは多いはず。

技術を磨いて、上のカテゴリーを目指す選手はもちろん、試合で結果を出すためにもぜひ練習で木製バットを。

たくさんのご応募お待ちしております!

Facebookでのご応募はこちらから
https://www.facebook.com/otousannotamenoyakyukyoushitsu

Twitterでのご応募はこちらから
https://twitter.com/BaseballOtousan/status/1288311597077655552

Instagramでのご応募はこちらから
https://www.instagram.com/otosannotameno/

応募期間は、8月25日(火)23:59まで

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧