【少年野球バッティング】スランプ脱出への近道

みなさんバッターボックスに立った時、調子の良い時と悪い時でどう違いますか?

おそらく調子の良い時はボールがよく見える。

どんなボールでも打てそうな気がする。

打ち損じた当たりまでヒットになった。

といいことづくしのはずです。

逆に調子の悪い時はボールが見えにくくストライクとボールの判別がつかない。

甘い球も打ち損じてしまう。

いい当たりも正面でアウトになってしまう。

などどうしようもない状態だと思います。

誰もが好調をキープさせたいとは思っていますがそうはいきません。

調子の良い時もあれば悪い時も来ます。

それならできるだけ好調は長くキープして不調はすぐに脱出したいですよね?

今回はスランプに陥ってしまった時に脱出のきっかけに最適な練習方法を紹介します。

スランプの原因

まずスランプの原因を考えてみましょう。

スイングする時に顎が上がっている。

体が開いている。

ヘッドが下がっているなど人それぞれあります。

ではそれを直せばスランプ脱出じゃないのか!

正解です。

しかし簡単に直せるものではありません。

もちろん、そこを意識して練習するのはとても大切なことで是非やってもらいたいです。

しかしプロ野球選手でもスランプに陥ったら、何試合も何十試合も、時には1シーズンスランプを脱出できない場合もあります。

プロ野球選手はもちろん、みんなより上手くてプロになっていますし、周りにはすごい監督やコーチ、分析班などもいる中でも脱出できない時はできないものです。

バント練習

そんな中で私がお勧めするスランプ時の練習はバント練習です。

バント練習をする暇があったらスイングをしたほうがいいと思うかもしれませんが、ちゃんと意味があります。

スランプ時にはボールがよく見えていません。

理由はスランプの原因などによりそれぞれですが、好調時にはくっきり見えていたボールが見えにくく、ストライクを見逃しボール球を振ってしまったりします。

ボールをよく見ろと言われても見ることができないからスランプなのです。

崩れたフォームでボールが見にくくなり、ボールが見えてないことによりフォームもまた崩れていきます。

そこでバント練習です。

バントはスイングするのとは違い、ギリギリまでボールを目で追えます。

それもボールに近い位置で見ることになるので、しっかり球筋を見ることを意識できます。

もちろんボール球は見逃して、ストライクとボールの識別を行ってください。

ボールを見ることを意識してバントを繰り返すことで、見えにくかったボールがしっかりと見えてきます。

スランプとは技術的な面ももちろんありますが精神的な部分もあり、よくヒットが1本出れば楽になると言いますよね。

その精神的な部分で、あまりボールが見えてないから打てなさそう。

というイメージを払拭します。

ボールがしっかり見えることにより今まで通りのスイングも戻ってくるでしょう。

技術面の改善でスランプを脱出できる人はそれで十分ですが、技術面のズレと精神面のズレによってスランプに陥っている以上、精神面のズレも直してあげないといけません。

1本出ればすっきりする。では1本打つ為にはどうすればいいのか?

ボールがしっかり見えている状態を取り戻す為のバント練習です。

打ち込みだけでは脱出できない

スランプのときにたくさん打ち込むのも悪いとはいいませんが、いい当たりが打てずにどんどん自信を失くしてしまってはスランプ脱出への道のりは長いです。

スランプ時は一度がむしゃらに打ち込むのを我慢してバント練習をしてみてください。

そしてボールがしっかり見えるようになってからバッティングを行えば、ひたすら打ち込むよりも早く自信や調子を取り戻すことができます。

スランプに陥ってしまった時にはボールを見るためにバント練習!

これを実践してみてはいかがでしょうか?

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com

関連記事一覧