【少年野球】バッティングで突っ込む原因と突っ込まない方法・練習法とは?

突っ込んでも打てればOKです!

みなさん、こんにちは。

お父さんのための野球教室の長田です。

バッテイングで注意されることの3本の指に入るものといえば、

「突っ込むな!」ですよね?

「もっとタメろ!」とか「呼び込め!」とか

アドバイスされることがあると思います。

でも、極論、突っ込んでいても結果が出ていればOKじゃないですか?

では、何故注意されるのか?

それは打てないからですよね(笑)

そうなんです、突っ込むと打てない子どもたちが多いからですよね。

泳いだり、詰まったりしていい当たりが行かないから、

アドバイスを受けます。

ここから先は、突っ込むと言われて結果が出ていない子どもたちに向けての

練習方法になりますので、参考になれば幸いです。

なぜ突っ込んでしまうのか?

なぜバッターは突っ込んでしまうのか?

まず、上半身が「突っ込む」というのは聞きますが、

下半身が「突っ込む」とは言いませんよね?

突っ込むのは、上半身で、その中でも頭の位置の影響が大きいんです。

ここで、テストです。

気を付けの姿勢から、両手を前に伸ばしてください。

この時点で前に倒れる人はいませんよね?

では、今度は、気をつけから頭を前に倒してみてください。

多くの人が前に倒れそうになりますよね?

単純なんですが、頭を前に倒すと重心が前に移動してしまいます。

それで前に倒れてしまいます。

それだけ、頭の位置が重要になります。

バッテイングの時も、頭が投手よりに早く移動してしまうと

タイミングがズレて泳ぐ、詰まるの原因になってしまいます。

ポイントは頭の移動をコントロール出来ているか?

どうしたら、突っ込まなくなるのか?

ポイントは、頭が投手方向に移動するタイミングをコントロール出来ているかです。

これが出来ていれば、多少頭が先行していても大丈夫。

さて、練習方法です。

簡単なので、すぐできますよ!

バッテイングの構えから、足を上げて着地までを3秒でやってみてください。

3秒が出来れば5秒で出来るようにしてみましょう!

目的は、自分で自分の身体をコントロールできるかどうかです。

誰でも出来るようになります!

時間をかけてやってみましょう。

動画でやり方をチェックしてください!

YouTubeチャンネル お父さんのための野球教室

【少年野球】バッティングで突っ込む原因と突っ込まない方法・練習法はこちら↓

 

今なら、たったの1,980円で少年野球の専門家があなたのお子さんのバッティングをチェックして丁寧にアドバイスします

関連記事一覧