【少年野球】バッテイング練習・スイングスピードを上げる方法

スイングスピードを上げる練習方法

お父さんのための野球教室の長田です。

今回は、スイングスピードをアップする練習方法をご紹介します。

この練習方法は、筑波大学硬式野球部の川村監督が推奨する練習方法です。

スイングスピードを上げる練習方法はいくつもありますが、今回は、ノックバットを使用する方法です。

ノックバットを連続スイング

練習方法は、ノックバットを連続でスイングします。

軽くて、細いノックバットは、通常のバットを振るときと比べても、かなり速いスイングが出来ると思います。

この速さを体感し、身体に覚えてもらうわけです。

10回ほど連続でスイングしたあとに、通常の重さのバットで今度は間隔を開けて振ってみます。

これを繰り返します。

ノックバットで感じた速さを通常のバットで再現しようとする体の仕組みを利用した練習になります。

自宅でしかも素振りのスペースがあれば、練習可能です。

1人でも出来るバッティング練習としてメニューに加えていただければと思います。

もちろん、小学生でも可能です。

動画でチェックしよう!

筑波大学硬式野球部の川村監督が指導をしている動画がありますので、練習の目的、方法を確認していただくことをお勧めします。

川村監督の動画はこちら↓

 

この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
過去、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
現在、京都先端科学大学硬式野球部のコーチをしながら、中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

 

関連記事一覧