【少年野球バッティング練習法】低学年からできる「ミート力を上げる練習メニュー」

低学年でも1人でできる練習方法

お父さんのための野球教室の長田です。

今回は、低学年でも1人でできるミート力を上げる練習方法をご紹介します。

低学年の子供たちは、バットになかなかボールが当たらないのが、当たり前。

バッティングには、空間認知、時間(タイミング)、体をコントロールする能力が必要です。

投手の投げるボールを打ちながらそれをトレーニングするのは、かなりの時間と回数が必要になります。

しかし、この練習方法なら、自宅でも、グラウンドでも、低学年1人でも練習可能で自分のペースで上達できます。

少しづつ、少しづつ、感覚を身につけ、自分で工夫しながら上達出来る練習方法とは?

ノック

その方法は、「ノック」です。

ノックを受けるんじゃなくて、ノックを打つんです。

当然一人でできます。

低学年なら、初めは上手く当たらないでしょう。

空振りが続くかもしてません。

でも、次第に当たりだします。

「トスを上げる場所」

「ボールとバットを当てる場所」

「どんな振り方をすれば、強い打球が飛ぶのか」

この3点を同時に考えながら合わせる効率的な方法です。

動画を見て方法とポイントを確認しましょう

練習方法とポイントを動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

練習の動画は筑波大学硬式野球部監督の川村准教授の教材から。

それでは、ミート力を上げるノック練習法をお試しください。

 

 

試合で打てるようになる野球教材&個別指導が“たったの500円”で手に入るチャンス!


この記事を書いた人長田真樹長田真樹

お父さんのための野球教室担当。
手塚一志の上達屋、大阪道場長を歴任、小学生からプロ野球選手2,000人以上のパフォーマンスアップに貢献。
2011年~2021年、京都学園大学・京都先端科学大学硬式野球部コーチを歴任、リーグ優勝春秋通算10回・全日本大学選手権大会6回出場・明治神宮大会1回出場。
現在も学童野球から高校野球までを幅広く指導。
中学校野球部の息子を持つ現役お父さんコーチとしても日々奮闘中。

 

関連記事一覧