「バットの芯ってどこ?」と聞かれたら…

こんにちは。
お父さんのための野球教室
事務局の長田です。

ホームランを打った選手が
「いまのは真っ芯だった!」

練習中に指導者から
「しっかり芯でとらえろ!」

プロ野球の解説で
「うまくバットの芯を外しましたね!」
などなど

野球の現場でよく使われるのが

「バットの芯」といわれる場所

そして、知っているようで
よくわからない場所。

それが「バットの芯」

あなたは、子供に聞かれて
パッと答えられますか?

私は答えられませんでした(笑)
そこで調べてみましたので
週末の練習で子供達に教えてあげてください。

簡単に言うとボールを打った時に
バットの歪みが小さいところです。

確認の仕方は一人でやる場合、
いつも握っているグリップから

グリップエンド側の手を外し、
バットにトントンと振動を与えて
握っている手に振動が一番少ない場所

この付近が「芯」になります。

わずか数センチ。
ボール1個分あるかないかの幅です。

しかも木製・金属と素材によっても違いますし
グリップの位置によってもかわります。

ぜひ、バットの芯を子供達と
一緒に確認してみてください。

「芯」の位置を知ることで
バッティング時の集中力も上がると思いますよ。

試してみた感想もお待ちしています。

https://rs39.net/c/bb/cbwk_1/mm/

関連記事一覧