menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  2. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
  3. 超一流の打者は〇〇も超一流です
  4. 守備が上手くなる「反応スピードアップエクササイズ」
  5. 和田一浩のバッティング指導法+インタビューレポート
  6. バッティングでお子さんが「力んでしまう言葉かけ」とは?
  7. お子さんのバッティングに悪影響を与える「5つの症例」とは?
  8. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法
  9. フォーム修正をするときは「この骨」を観てください
  10. 冬のトレーニング効果を最大化する方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

バッティングでお子さんが「力んでしまう言葉かけ」とは?

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


今日は、バットは
握ると力むという話をしますね!!


1万人以上の選手を指導してきて
気づいたことがいくつもあります。


その中のひとつが「握る」という言葉は
力みを生みやすいということ。


「握る」って言葉は、
グッと力が入りやすい言葉だと思うんです。


言葉は、動作に
大きく影響を与えますからね。


じゃ、どんな言葉がいいのか?


それは、「握る」という言葉より、

「指で引っかける」「つまむ」

「持つ」「触る」「触れる」

こんな言葉が、
選手に試してもらったら好評でした。


あなたのお子さんは、
どんな言葉でバットに手を当てるといいのか??


色々試してみてください!

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます。


あなたのお子さんが、
瞬達しますように!!

関連記事

  1. リラックスしてプレーする簡単なコツ

  2. 落合流 バッティング理論

  3. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?

  4. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

  5. 自分の動きを見直し無駄をなくす

  6. 2ストライク0ボールという状況

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. こんにちは! お父さんのための野球教室の桜井です。 このメルマガでは…
  2. From:お父さんのための野球教室事務局 沢村 前回の記事で「和田流 小中学生…
  3. こんにちは。 お父さんのための野球教室の桜井です。 今回は、あえてこ…

おすすめ記事

  1. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  2. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
  3. 超一流の打者は〇〇も超一流です
ページ上部へ戻る