menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?
  2. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】
  3. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ
  4. ユーモアを使って伝説の一打を打つ方法
  5. 小学生と中学生以上の「教え方の違い」とは?
  6. 子どもの運動不足を解消する仕掛け
  7. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】
  8. 【質問】小学校のチーム選びについて
  9. 【タイプ別ピッチングの左腕の使い方】
  10. 【ストレッチの効果を10倍にする方法】
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

バッティングでお子さんが「力んでしまう言葉かけ」とは?

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


今日は、バットは
握ると力むという話をしますね!!


1万人以上の選手を指導してきて
気づいたことがいくつもあります。


その中のひとつが「握る」という言葉は
力みを生みやすいということ。


「握る」って言葉は、
グッと力が入りやすい言葉だと思うんです。


言葉は、動作に
大きく影響を与えますからね。


じゃ、どんな言葉がいいのか?


それは、「握る」という言葉より、

「指で引っかける」「つまむ」

「持つ」「触る」「触れる」

こんな言葉が、
選手に試してもらったら好評でした。


あなたのお子さんは、
どんな言葉でバットに手を当てるといいのか??


色々試してみてください!

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます。


あなたのお子さんが、
瞬達しますように!!

関連記事

  1. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ

  2. 最短ルートで子どもを上達させる名コーチになる「5つの方法」

  3. スイングスピードを最大にする「バットを握る最適な長さ」とは?

  4. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?

  5. 目線がズレないテイクバックの教え方とは?

  6. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?

和田バナー
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  2. こんにちは!お父さんのための野球教室メルマガ執筆者で、野球・ソフトボール瞬達塾の川端…
  3. こんにちは!(株)RealStyleお父さんのための野球教室事務局の沢村です。…

おすすめ記事

  1. 【質問】緊張しないためには、どうすればいいですか?
  2. 【足が速くなる瞬速エクササイズ】
  3. 「タイミングがうまくとれない…」とお悩みの方へ
ページ上部へ戻る