menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

バッティングでお子さんが「力んでしまう言葉かけ」とは?

こんにちは!


お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!


今日は、バットは
握ると力むという話をしますね!!


1万人以上の選手を指導してきて
気づいたことがいくつもあります。


その中のひとつが「握る」という言葉は
力みを生みやすいということ。


「握る」って言葉は、
グッと力が入りやすい言葉だと思うんです。


言葉は、動作に
大きく影響を与えますからね。


じゃ、どんな言葉がいいのか?


それは、「握る」という言葉より、

「指で引っかける」「つまむ」

「持つ」「触る」「触れる」

こんな言葉が、
選手に試してもらったら好評でした。


あなたのお子さんは、
どんな言葉でバットに手を当てるといいのか??


色々試してみてください!

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます。


あなたのお子さんが、
瞬達しますように!!

関連記事

  1. 適切なバットを握る長さを見つける脳科学的方法とは?

  2. ユーモアを使って伝説の一打を打つ方法

  3. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

  4. 「手打ち」を改善するには・・

  5. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?

  6. 目線がズレないテイクバックの教え方とは?

和田バナー
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る