バッティングでお子さんが「力んでしまう言葉かけ」とは?

こんにちは!

お父さんのための野球教室
メルマガ執筆者で、
野球・ソフトボール瞬達塾の川端です!

今日は、バットは
握ると力むという話をしますね!!

1万人以上の選手を指導してきて
気づいたことがいくつもあります。

その中のひとつが「握る」という言葉は
力みを生みやすいということ。

「握る」って言葉は、
グッと力が入りやすい言葉だと思うんです。

言葉は、動作に
大きく影響を与えますからね。

じゃ、どんな言葉がいいのか?

それは、「握る」という言葉より、

「指で引っかける」「つまむ」

「持つ」「触る」「触れる」

こんな言葉が、
選手に試してもらったら好評でした。

あなたのお子さんは、
どんな言葉でバットに手を当てるといいのか??

色々試してみてください!

http://rs39.net/c/bb/cbkm_1/bl/

今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます。

あなたのお子さんが、
瞬達しますように!!

LINE友達登録で6,980円の野球教材が無料!

試合に出してくれない監督に「投手で試合に出していいか?」と言わせるスローイング体得法。LINE公式アカウント開設記念にプレゼント!

この度、お父さんのための野球教室はLINE公式アカウントを開設。 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

新規友だち登録をしていただくと、6,980 円(税込)で販売中のDVD 「ゼロからはじめる!スローイング上達指導法」を無料でご覧になれます。

詳細はこちらをクリック!

関連記事一覧