menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  2. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
  3. 超一流の打者は〇〇も超一流です
  4. 守備が上手くなる「反応スピードアップエクササイズ」
  5. 和田一浩のバッティング指導法+インタビューレポート
  6. バッティングでお子さんが「力んでしまう言葉かけ」とは?
  7. お子さんのバッティングに悪影響を与える「5つの症例」とは?
  8. 未経験を都合よく利用し、子どもを上達させる方法
  9. フォーム修正をするときは「この骨」を観てください
  10. 冬のトレーニング効果を最大化する方法
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

現代っ子に多い「強い打球を打てない理由」

今日は、「現代っ子に多い強い打球を打てない理由」
について話ししたいと思います。


結論からお伝えすると、その理由は、構えたときに
骨盤が後傾してることです。


後傾してるって、どういう状態かと言うと、
立ってオシッコしてるときみたいになってる状態です(笑)


こうなってる選手、小学生では多いですよぉ(^-^;


この状態だと「ちゃんと立ってない」ため
筋肉をうまく使えなくなるんです。


そのため、バットをしっかりと振れません。


では、どうしたらいいか?


あなたの教え子さんやお子さんの構えを
チェックして、骨盤が後傾していたら、


「おしりを少し後ろに出してみて」


と言ってみてください。


この一言で骨盤が立った、
いい構えになりますからね!


早速、骨盤をチェックしてみてくださいね!!

子ども用の姿勢改善や
トレーニング方法についてはコチラ↓

http://rs39.net/c/tr/ctsk_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!!


あなたの教え子さんやお子さんが、
打ちまくれるよう応援してます!!

関連記事

  1. 指先など血豆が出来やすい部分の強化とは?

  2. 【冬トレ】体力作り・ランニングメニューについて

  3. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?

  4. バットを振ったらフラフラする時の対処法

  5. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?

  6. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. こんにちは! お父さんのための野球教室の桜井です。 このメルマガでは…
  2. From:お父さんのための野球教室事務局 沢村 前回の記事で「和田流 小中学生…
  3. こんにちは。 お父さんのための野球教室の桜井です。 今回は、あえてこ…

おすすめ記事

  1. ボールをとらえて打球を遠くに飛ばす方法
  2. 和田一浩が小中学生の指導者へお願いしたいこと
  3. 超一流の打者は〇〇も超一流です
ページ上部へ戻る