menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
  2. 「最強の野球瞬達法」
  3. ドアスイング(外回りするスイング)を直す方法
  4. 【質問】スライディングの指導に困っています…
  5. 現代っ子に多い「強い打球を打てない理由」
  6. 弾丸ヒットを連発させる「両振り」
  7. 親が涙を流す至極のレッスン
  8. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?
  9. 【質問】身体が小さくて周りの子よりも遠くにボールを投げれません…
  10. 【質問】足の遅さが致命傷にならないか心配です…
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

現代っ子に多い「強い打球を打てない理由」

今日は、「現代っ子に多い強い打球を打てない理由」
について話ししたいと思います。


結論からお伝えすると、その理由は、構えたときに
骨盤が後傾してることです。


後傾してるって、どういう状態かと言うと、
立ってオシッコしてるときみたいになってる状態です(笑)


こうなってる選手、小学生では多いですよぉ(^-^;


この状態だと「ちゃんと立ってない」ため
筋肉をうまく使えなくなるんです。


そのため、バットをしっかりと振れません。


では、どうしたらいいか?


あなたの教え子さんやお子さんの構えを
チェックして、骨盤が後傾していたら、


「おしりを少し後ろに出してみて」


と言ってみてください。


この一言で骨盤が立った、
いい構えになりますからね!


早速、骨盤をチェックしてみてくださいね!!

子ども用の姿勢改善や
トレーニング方法についてはコチラ↓

https://rs39.net/bb/181107/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!!


あなたの教え子さんやお子さんが、
打ちまくれるよう応援してます!!

関連記事

  1. スピードアップしたいときにどのように練習に取り組むのか?

  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?

  3. バットを買うタイミングについて悩んでいます。

  4. ピッチャーで試合前や指に血豆や傷がある場合の対処法

  5. 【要チェック!】空振りが減らない意外な原因と、その改善策とは?

  6. 自主練 冬の自宅でのトレーニング 

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. スイングに力強さがない子に対して 「もっとタメを作ろう」 スイング時…
  2. 今日は、 「最強の瞬達法」を紹介します!! それは、どん…
  3. メルマガ読者の方から このような質問をいただきました。 【ご質問の内容】…

おすすめ記事

  1. 突っ込み打ちを改善し、スイングに力強さを出す方法
  2. 「最強の野球瞬達法」
  3. ドアスイング(外回りするスイング)を直す方法
ページ上部へ戻る