menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
  4. 球速160キロを出す秘訣
  5. 守備の一歩目を速くする方法
  6. ポジションは補欠…3年間野球をやった君へ
  7. 打者を打ち取る投球フォームの作り方
  8. 空振りが減る「芯喰いバッティング理論」
  9. 発達心理学から学ぶ、良い結果が出る野球選手育成法
  10. 投球の力みをなくして進化させるコツ
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

現代っ子に多い「強い打球を打てない理由」

今日は、「現代っ子に多い強い打球を打てない理由」
について話ししたいと思います。


結論からお伝えすると、その理由は、構えたときに
骨盤が後傾してることです。


後傾してるって、どういう状態かと言うと、
立ってオシッコしてるときみたいになってる状態です(笑)


こうなってる選手、小学生では多いですよぉ(^-^;


この状態だと「ちゃんと立ってない」ため
筋肉をうまく使えなくなるんです。


そのため、バットをしっかりと振れません。


では、どうしたらいいか?


あなたの教え子さんやお子さんの構えを
チェックして、骨盤が後傾していたら、


「おしりを少し後ろに出してみて」


と言ってみてください。


この一言で骨盤が立った、
いい構えになりますからね!


早速、骨盤をチェックしてみてくださいね!!

子ども用の姿勢改善や
トレーニング方法についてはコチラ↓

http://rs39.net/c/tr/ctsk_1/bl/


今日も最後まで
お読み頂きありがとうございます!!


あなたの教え子さんやお子さんが、
打ちまくれるよう応援してます!!

関連記事

  1. 【肩甲骨がよく動くようになるエクササイズ】

  2. 指先など血豆が出来やすい部分の強化とは?

  3. 筋力の土台になるのが反応力やバランス感覚

  4. ピッチングの体重移動は、体重を乗せてから体を捻る

  5. 自分の動きを見直し無駄をなくす

  6. ドアスイング(外回りするスイング)を直す方法

和田バナー
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. 野球ソフトボール瞬達塾の川端健太です!今日は、試合で緊張をほぐす極意をシェアしますね!!…
  2. お父さんのための野球教室事務局の長田です。以前から、春と夏の野球教室では講師を…
  3. お父さんのための野球教室の桜井です。低めに全くキレがなく、 疲れているわけでもないのに、…

おすすめ記事

  1. 試合で緊張をほぐす極意
  2. はじめまして、長田です。
  3. 球がお辞儀する経験はないですか?
ページ上部へ戻る