menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?
  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?
  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?
  4. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  5. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  6. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  7. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  8. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
  9. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…
  10. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

お子さんに合った「バットの適正重量」とは?

バットの選び方について
下記のようなご質問をいただきました。


————-
■ご質問内容
————-

>>5歳になった息子が先日、
>>「グランドでホームラン打つから、重いバット買って」と言いました。
>>息子自ら欲しいと言ったのが嬉しかったのですが、今の息子に合うバットがあるのかな?
>>と思ったのですが、いい道具ありますでしょうか?
>>今まではスポンジのバットとボールで家の中で遊んでいました。


「グランドでホームラン打つから、重いバット買って」


これは、すごく嬉しい言葉ですよね!
その向上心があれば、どんどん上手くなっていってくれそうですね。

お子さんの今後の成長が私も楽しみです!


さて、本題のバットの重さについてなのですが、
お子さんが「しっかりと振れる重さかどうか」が重要になると思います。


これは、小学生、中学生、高校生と年代が変わっても
同じことが言えますので、バットを買うタイミングで
必ずチェックしてあげてください。


その「しっかりと振れる重さかどうか」
をチェックする方法は、

右バッターであれば左腕1本、
左バッターであれば右腕1本で
まず、バットのグリップを握ります。


次に、腕とバットを一直線にした状態で
地面と平行になる高さまで上げます。


平行になった状態で
「3秒以上」抵抗なく静止できれば、
お子さんが「しっかりと振れる重さ」になります。


3秒以上静止できない、
または、体を後ろに反らないと静止できない、

このような状況になる場合は
お子さんにとって、重すぎるバットと判断してあげてください。


重すぎるバットで練習し続けると
フォームを崩す原因にもなりますし、

腰を痛めてしまう原因にもなりますので
きちんとお父さんがチェックしてあげてください。


また、バットの素材につきましては
軟式用バットであれば、

アルミ → カーボン → ジュラルミン → 高反発 → チタン
の順に飛距離はアップすると言われています。


しかし、高反発やチタンは
ある程度の体が大きくなり、
力が付かないと飛ばない素材ですので、

5歳という年齢を考えると、とにかく軽いバットで
3秒以上、抵抗なく静止できる重さのバットを
選ぶことをオススメいたします。

http://www.mlritz.com/link/113/1/126/26/

関連記事

  1. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…

  2. 小学生の「タイミングのとり方」について

  3. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?

  4. イメージや動作を言葉で伝えるときに気をつけること

  5. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?

  6. 落合流 バッティング理論

無料メールマガジン登録
川村PJ高校

ピックアップ記事

  1. ■ご質問内容 ピッチング指導で聞きたいのですが、 小学3年生 投球時にボー…
  2. 緩急への対応について 下記のような質問をいただきました。 -----…
  3. 低学年の教え方について 下記のようなご質問をいただきました。 ---…

おすすめ記事

  1. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?
  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?
  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?
ページ上部へ戻る