清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由

清宮選手が
なぜ100本塁打を達成できたのか?

その理由について
プロ野球選手たちが分析した。

という記事を見つけました。

過去に6度の本塁打王になっており、
私の高校時代の先輩でもある、

西武ライオンズの中村剛也選手は
清宮選手の動画を見て、次のようにコメントしていました。

「柔らかいね。分かりやすく言えば、バットを長く使えている。
バットをしならせて打てるから、遠心力が使えて打球がより飛ぶ。」

その他のプロ野球選手も
口をそろえて「柔らかい」というキーワードを使っていました。

この記事では、この「柔らかい」というキーワードを
次のように、釣りざおに例えて解説を付け加えていました。

「釣りざおを投げる姿を想像してほしい。
体を反らしながら、さおを後ろに引き、さおの弾力と遠心力を利用して、遠くに投げる。

柔らかい選手が遠くに飛ばせるのはその原理と同じだ。
あらゆる球に対応でき、安定感も増す。
それがプロの見た清宮の打撃だ。」

この解説にさらに1つ付け加えるとしたら、
釣りざお(=バット)にしなりと遠心力を生み出すのは、

結局のところ、
「身体の使い方次第で決まる」ということになりますよね。

・スイングが遅い

・フォームがぎこちない

・空振りが目立つ

これらの現象は、身体の使い方が
上手にできていないことで起こることが多いです。

具体的な例を1つ挙げると、
テイクバックからフィニッシュまで

「常にフルパワーで振っている」
ということも原因の1つとして挙げられます。

釣りざおのようにバットをしならせるには
力の「入れどころ」と「抜きどころ」を把握し、
バットの重みを利用してスイングすることが大切です。

あなたは、イチロー選手が打席に入る前に行っている、
ゴルフスイングのような素振りを動画などで
ご覧になったことはあるでしょうか?

あの素振りは、バットの重みを感じながら
力の「入れどころ」と「抜きどころ」を把握するのに
適した練習方法の1つだと思います。

構えた状態からバットの重みを利用し、地面方向にヘッド落とし、
当たる瞬間だけ力を加えるイメージで素振りをする。

そうすることで、スイングに柔らかさも生まれ、
「あ、ここで力を入れるだけでも強く振れるんだ」

という感覚を本人が
掴むことにつながるのではないかと思います。

私が過去に指導していた小学生の選手も
この練習方法がきっかけで、

チームの補欠からクリーンアップを打つまでに
成長したこともありますので、
ぜひ、一度試してみてくださいね!

「しなり」「柔らかさ」を出す、
その他の練習方法はコチラ

http://rs39.net/c/bb/cbis_1/bl/

関連記事一覧