menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?
  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?
  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?
  4. お子さんに合った「バットの適正重量」とは?
  5. 「レベルスイングの正しい軌道」をお子さんに理解させる方法とは?
  6. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  7. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  8. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
  9. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…
  10. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?

バッティングについて
下記のような質問をいただきました。


————-
■ご質問内容
————-

>>息子二人、二年生、四年生が
>>少年野球チームに入り頑張っますが、伸び悩んでます。
>>
>>四年生はサード、二年生はセンターレギュラーです。
>>打てないのが弱点です
>>特に長男はボールを迎えに行く癖がついて、
>>手打ちで強い打球が全くありません。
>>治らず困ってます。


————-
■回答
————-

ボールを迎えに行ってしまうと
体がピッチャー方向に流れるわけですから
どうしても最後は、手打ちになってしまいますよね。


ですが、ボールを迎えに行かずに待つことができれば
手打ちも改善されてくるはずですので、


「なぜ、迎えにいってしまうのか?」


ここに重点をおいて
お話しを進めさせていただきますね。


子どもたちが
ボールを迎えに行ってしまう大きな原因としては、


「股関節に体重を乗せることができていない」
というのが挙げられます。


バットを強く振るために、右打者であれば右股関節に体重を乗せ、
左股関節に体重を移動させてスイングしていくわけですが、

この「右股関節から左足股関節への体重移動」を
多くの子どもたちが、

「右足から左足への体重移動」になっているケースが多いんです。


体の中心に近い股関節で体重移動ができれば
体の左右へのブレが少ないのですが、

体の中心から遠くなる足で体重を受け止めてしまうと
左右へのブレが大きくなってしまいます。


ブレが大きい分、体がピッチャー側に突っ込み、
ボールを迎えにいっているような形になってしまうわけなんですね。


ですので、股関節での体重移動が
できるようになることが理想なのですが、

「股関節で体重移動をしろ」と言っても
すぐにはできないと思います。


そこで、まずは「サイドステップ」で
股関節で体重を受け止める練習からはじめることを
オススメします。


サイドステップのやり方としては、
右足で地面を蹴り、左方向に飛び、
左足1本で着地します。

次に、そのまま左足で地面を蹴り、右方向に飛び、
右足1本で着地します。


この動作の繰り返しです。


股関節で体重を受け止めることができたときには、
体がグラグラすることなく、足1本でもピタッと止まることができます。


10回ほど連続でピタッと止まることができてくると
股関節での体重の受け止め方もお子さん本人の中で
わかってくると思うので、

その股関節の使い方を意識しながら
バッティングの練習をしてもらうと、
ボールを迎えに行くことも改善されてくると思います。


ぜひ、一度、取り組んでみてください。

 

関連記事

  1. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由

  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?

  3. 2ストライク0ボールという状況

  4. ピッチャーの練習を始める低学年の子供の練習メニュー

  5. 練習の工夫と努力で周りと差がつけられる

  6. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?

無料メールマガジン登録
川村PJ中学

ピックアップ記事

  1. ■ご質問内容 ピッチング指導で聞きたいのですが、 小学3年生 投球時にボー…
  2. 緩急への対応について 下記のような質問をいただきました。 -----…
  3. 低学年の教え方について 下記のようなご質問をいただきました。 ---…

おすすめ記事

  1. 投球時にボールが抜ける「2つの原因と改善法」とは?
  2. 【バッティング】緩急に翻弄されないための「3つの思考」とは?
  3. 低学年の子どもが野球を好きになる練習メニューの工夫とは?
ページ上部へ戻る