menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  2. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  3. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
  4. 「おっ、打ちそうだな」と思う構えを作るには…
  5. 「ボールを迎えにいく悪いクセ」を治す方法とは?
  6. 小学生の「タイミングのとり方」について
  7. 幼少期の野球指導について
  8. バック走と球速アップの関係性
  9. 剛速球投手育成法
  10. “クイック“という言葉に惑わされてはいけません。
閉じる

少年野球の指導法〜ピッチング・バッティング練習法〜

小学生の「タイミングのとり方」について

お客様から以下のようなご質問いただきました。

————-
■ご質問内容
————-

>>バッティングのタイミングの取り方は、
>>「1、2、の、3」と言われますが、
>>どこで、”の”なのでしょうか?

>>子供には、「1で構えて、2で足を引き、”の”で踏み込み”ワレ(タメ)を作って、
>>3で打つ」と教え続けてきましたがなかなか結果が出ません。

>>最近では「1で構えて、2で足を引き、”の”でタメを作って、3で踏み込んで打つ」
>>ほうが正しいのかな?
>>と思うようになりました。

>>”の”でワレ(タメ)の形を作ることで、
>>将来的に変化球への対応も可能となると思いますが、いかがでしょうか?


————-
■回答
————-

結論からお伝えしますと、
小学生などのピッチャーが変化球を投げてこない時期には、
”の”を意識させる必要はないと思います。


ピッチャーが基本的にストレートしか投げてこない状況下では
そのストレートを「1、2、3」のドンピシャのタイミングで
ボールをとらえることだけに集中させた方が良いと思います。


”の”というワレ(タメ)を作ることは
将来的には確かに必要になってきます。


しかし、この”の”という一瞬のタメが必要になるのは、
「ストレートのタイミングで打ちに行き、読みとは違う変化球がきたときだけ」
という考え方で良いのではないかと私は思います。


”の”を作るときは、
あくまで「応用」だと捉えてください。


また、小学生などの経験値がまだ少ない子どもたちに
”の”を意識させると、”の”のタイミングで
一瞬、動作が静止してしまうこともよくあります。


動作がテイクバック時やトップ時に
一瞬でも静止してしまうと、静止したところから
もう一度、反動をつけないとスイングを開始することができません。


このような状況になってしまうとバットの出が遅くなり、
詰まり気味になるという結果になってしまうケースが多いです。


これも”の”を意識させない方が良いと思う理由の1つです。


ですので、小学生のうちは、
「1、2、3」というシンプルなリズムの中で
ドンピシャのタイミングでボールをとらえることに集中させ、

その「1、2、3」で打てるリズム、感覚を
お子さん本人がわかるように練習することが先決です。

http://www.mlritz.com/link/113/1/30/86/

関連記事

  1. バットを振ったらフラフラする時の対処法

  2. 自分の動きを見直し無駄をなくす

  3. 2ストライク0ボールという状況

  4. 落合流 バッティング理論

  5. 幼少期の野球指導について

  6. イメージや動作を言葉で伝えるときに気をつけること

無料メールマガジン登録
無料メールマガジン登録

ピックアップ記事

  1. 最近の高校球児は、当たり前のように 140キロを出せるピッチャーがたくさんいます。…
  2. 清宮選手が なぜ100本塁打を達成できたのか? その理由について…
  3. 外野フライについて 下記のような質問をいただきました。 【質問】…

おすすめ記事

  1. ピッチャーの球速アップに欠かせない条件とは?
  2. 清宮選手が100本塁打以上を達成できた理由
  3. 外野フライを1日でも早く捕れるようにする手順とは?
ページ上部へ戻る