【少年野球】しっくりくる打ち方を見つけてヒットを打つ!

グングン上達する身体をつくる、プロテインの「正しい知識」

お父さんのための野球教室の桜井です。

頭の隅に置いておくと上達がはかどる

・・・かもしれない、そんな豆知識。

今日はバッティングの際の体の使い方の話。

指導は変わる

右打者は左手でバットをリードして

左打者は右手でバットをリードする

そんな感じの指導が一昔前までは主流。

けれども、、、

右打者は右手で、左打者は左手でボールを押し込む、あるいは叩く

そういう理論や指導が出てきた。

利き腕を使ったほうが強い力をボールに与えられるよね、

ざっくり言うとそんな考え方。

自分に合うかどうか

たしかにそうだねってボクも思ってたけれど、

大事なことひとつ忘れてた。

右投げ左打ちは?
左投げ右打ちは?

どうすんのよ、、、

右投げ左打ちは、右手や身体の右側を意識したほうが良いかもしれないし、

左手や身体の左側を意識したほうが良いかもしれない。

はっきり言ってどちらが良いのかボクにはわからん。

でも言えることは、

子ども本人が、そんな知識を頭において

練習したほうが絶対に良いってこと。

試せるもんね。

体の右側を意識して打てばいいか、

左側を意識して打てばいいか、

どちらが自分に合ってるのかって。

細かいことだけど、時々思い出してやると、

練習の質はググっとあがる

ので、夕食とか団らんの時間に

ちょっと話題にしていただきたい。

【今だけ】無料でコントロールが良くなる方法教えます!


ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com

この記事を書いた人川端健太桜井一
お父さんのための野球教室
1978年生まれ。奈良県出身。大学関西地方リーグで最優秀投手賞(’97年)、最優秀選手賞(’99年)を受賞し、野球部創設以来初の全国大学野球選手権大会に2度出場。最高成績はベスト8。東海地区、社会人野球の名門へ進み、社会人野球の甲子園である都市対抗野球大会に2度の出場。引退後は、人気野球指導ブログ「お父さんのための野球教室」を開設。体系的でわかり過ぎる野球指導法は小学生の保護者に爆発的な支持を得て、DVDや書籍化。現在も、ブログでの指導法の発信、高校野球の現場で学生野球選手のサポート活動を精力的に行う。

関連記事一覧