【少年野球】バッティングの基本練習「素振り」

みなさんは、バッティングを良くする為にどんな練習をしていますか?

最近では、最先端の技術を使った練習や、変わった練習を紹介する人も多くいます。

それだけたくさんの練習方法が存在しているということですね。

それぞれいい点があるかと思いますが、どれを試していいかわからなくなりますよね。

色々考えすぎた結果、あまり意味のない練習になってしまったり、無駄の多い練習もよく耳にします。

最先端の練習や変わった練習が悪いとは言いませんが、もっと身近な練習でまだまだ可能性を秘めている練習があるはずです。

そこで今回、バッティング練習の基本中の基本とも言える、「素振り」の練習に着目して、お勧めの練習方法をご紹介したいと思います。

素振りの意味

野球をやっている人なら、必ず素振りをしたことがあると思います。

素振りをすることによって、スイングスピードのアップ、バッティングフォームの確立などのメリットがあります。

素振りのいい所は、バットと少しのスペースがあればどこでもできる所ですね。

チームの練習中はもちろん、練習後や休みの日などの自主練でも素振りをすることは多いはずです。

そんな一番多く行う練習を、自分の力に出来ていますか?

素振りの為の素振りになっていませんか?

毎日行う素振りを、より効率のいい練習にすることが重要です。

素振りの注意点

まずは、コースを意識して素振りをすることです。

なにも考えずに真ん中ばかり振っていても、試合で相手投手はコースを狙って投げてくるので、そこを打ち返す練習をしなくてはなりません。

コースを4分割、慣れてきたら9分割に分けてスイングすることで、各コースへのバットの軌道、体の動きを確立することができます。

いい投手になればなるほど、甘い球は少なくなり厳しいコースが増えてきます。

甘い球を逃さないことも大事ですが、厳しい球にも対応できるスイングを身につけましょう。

次に相手投手をイメージすることです。

頭の中で、同じ地区の投手でもいいですし、プロの投手でもいいです。

実際にいなくても、自分が作り出した投手でもいいので、球速や変化球、コースなどをイメージしてスイングをします。

イメージトレーニングとは、頭で考えるだけですが、かなり自分の力になるトレーニングで、試合の時に頭の中にイメージがあるのとないのでは大きく変わります。

自分の想像の中で対戦している投手と似たような投手、または実力が下の投手と対戦したときに、いつもイメージしている投手より打ちやすいという自信もできます。

これは完全に思い込みではありますが、バッティングはメンタルもかなり大きく影響しています。

調子の悪い時など、打てないかもしれないと、自信のない状態では打てる球も打てません。

いつも凄い投手と対戦することにより、打ち返すイメージや自信もつけることができるのです。

まとめ

小学生では、なかなか1つ1つの練習に考えを持って、取り組める子は少ないと思います

100回素振りする時に、ただ100回素振りするのと、100回意識して素振りするのでは雲泥の差です。

ライバルに差をつけたいなら、みんなより多く練習をすることも大事ですが、質を高めることもそれ以上に大切です。

今回は、バッティングの一番基本的な練習である素振りに着目しましたが、どの練習にも当てはまります。

日々の練習を無駄にしないように、せっかく練習をするのであれば質の高い練習をしていきましょう。

【今だけ】無料でコントロールが良くなる方法教えます!


ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com

関連記事一覧