【少年野球】自宅で出来る!バッティングが上手くなるトレーニング方法

グングン上達する身体をつくる、プロテインの「正しい知識」

はじめに

前回、少年野球でのバッティングが上手くなるために必要なトレーニング方法を解説しました。

その続きとして、

自宅など狭い場所でも出来るトレーニングをご紹介します。

今回紹介するのは、

  • ジャンピングジャック
  • スクワットジャンプ
  • サイドジャンプ
  • バービージャンプ
  • 片足立ち&足回し
  • 片足立ち&振り子
  • マウンテンクライマー
  • スクワット
  • ジャンピングランジ
  • リズムスクワット
  • 前屈上体ひねり

の11種目で、主に下半身を重点的に鍛えるトレーニングとなってます。

下半身(股関節)の筋肉を鍛えて上半身への力の伝え方(出し方)を覚えることで、バッティングが上達します。

また、テイクバック・トップの動作もぶれにくくなり構えたときに体が安定します。

各種目の説明

各種目それぞれ1分間ずつ行っていきましょう。

 

・ジャンピングジャック【1分50回】

ジャンプしながら、両手を上に上げてリズムよく行います。

上半身も力を抜かず、しっかり動かしていきましょう。

体幹が強化され心肺機能が上がります。

 

・スクワットジャンプ【1分30回】

深くスクワットした状態から、上へ大きくジャンプします。

ポイントは、着地するときに両足で衝撃を吸収するように行うこと。

ヒザと腰を痛めにくくなります。

 

サイドジャンプ【1分40回】

足の親指に力を入れて左右交互に横に飛びます。

体重移動の使い方と、足の内側の筋肉を鍛える効果があります。

 

・バービージャンプ【1分20回】

ヒザを曲げて手を付き、腕立て伏せの状態から足を引きよせジャンプします。

大腰筋が強くなります。

 

・片足立ち&足回し【1分左右回し各25回ずつ】

両腕を胸の前でクロスさせて片足で立ちます。

もう片方のヒザを、横に90度に上げて前回しを25回行います。

お尻が鍛えられテイクバックが安定します。

 

・片足立ち&振り子【1分1と2を左右各25回ずつ】

  1. 両腕を胸の前でクロスさせて片足で立ち、もう片方のヒザを前に90度上げます。
  2. そのまま上体を前方向に倒し、足を後ろに伸ばします。

バッティング時にぶれない軸をつくります。

 

・マウンテンクライマー【1分50回】

腕立て伏せの姿勢になり、両足を交互に上へ引き上げます。

下半身だけでなく、腹筋や上腕二頭筋・上腕三頭筋が鍛えられます。

 

・ジャンピングランジ【1分40回】

ジャンプしながら、足を前後に交差させます。

着地するときには衝撃を吸収するように行い、

前傾姿勢にならないよう胸を張って行いましょう。

少年期の成長ホルモンを助長するのに効果的なトレーニングです。

 

・リズムスクワット【1分100回】

立ったまま片足を横に上げる動作を左右交互に行います。

バッティングでヒザを柔らかく使えるようになります。

 

・ヒザ回し【1分左右回り各25回ずつ】

両手でヒザを持ち、ヒザはピッタリつけずに少し開けて深く回します。

右回り・左回りを25回行います。

 

・前屈上体ひねり

最後に、前屈して上体を左右にひねるトレーニングをゆっくり行いましょう。

まとめ

前回と今回、2回にわたってトレーニング解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

注意点として、マンションやアパートなどでトレーニングをする際には、下の階への音に気をつけなければなりません。

ご近所トラブルにならないためにも、トレーニングマット等を敷いて行ってくださいね。

それでは今回これで以上となります。

よかったら参考にしてコツコツやってみてください。

ありがとうございました。

【今だけ】無料でコントロールが良くなる方法教えます!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。お父さんのための野球教室では、野球上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、野球上達のためのDVD教材の販売も行っております。野球に関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@1baseball-club.com
WooFoods初回LINE登録で30%OFFクーポン配布中

関連記事一覧