野球用語「ホットコーナー」とは?意味・使い方・上達法がわかる!

「ホットコーナー」とは?

ホットコーナーとは、野球におけるポジションの通称のひとつで「サード、三塁手」という意味です。英語では、「hot corner」と書きます。

ホットコーナーのホットは、「熱い」という意味の他に「強烈な。すごい」という意味があります。コーナーは「曲がり角、角、すみ」という意味があります。強烈な打球が飛んでくる角、、、ということで三塁の守備、または三塁手はホットコーナーとよばれます。

もし、監督やコーチから「君にホットコーナーをまかせたい」と言われたら、三塁の守備をまかせられる、と解釈して問題ありません。

「ホットコーナー」についてもっと詳しく

今は左打者が多いですが、昔は右打者が多く、右打者が引っ張った強烈な打球が飛んでくる機会が多いことから、三塁の守備がホットコーナーとよばれるようになりました。

その他にも、三塁手は投手との距離も近く大きな声で励ましたり、体をはってボールを止めたりするポジションです。熱いハートを持った選手が守るポジションとして、ホットコーナーという呼び方はピッタリですよね。

「ホットコーナー」の使い方・例文

ホットコーナーの例文・用例を紹介します。

〇憧れの長嶋茂雄と同じホットコーナーを守るのが夢だった
〇彼は1年生からホットコーナーを任された

「ホットコーナー」の具体的な使われ方は?

「ホットコーナー」の類義語

ホットコーナーの類義語は、「サードベイス」「三塁」「サード」「3塁」「サードベース」です。

「ホットコーナー」に関する練習法

ホットコーナーを任されたら、まず初めにやるべき練習がこれ!船橋市立二宮中学校 野球部・長岡監督が教える“3ステップでゴロ捕球が上手くなる練習”とは?

「ホットコーナー」まとめ

ホットコーナーの意味、使い方、そして上達法を紹介しました。野球用語の意味がわかれば、監督やコーチから指導してもらう際に吸収するスピードが違います。つまり、上達が加速するということです。

この記事を読み返して、「ホットコーナー」の理解を深めて、さらに野球を楽しんでくださいね!

関連記事一覧